『ランク王国』新MC・加藤里保菜に絶賛の声! 魅力は度胸&メガネっ娘&貧乳体型!?

加藤里保菜

1995年にスタートし、今年の秋に20周年を迎えるTBS系の情報番組『ランク王国』が、18日の放送から新たな体制でスタートした。

11代目MCに選ばれたのは、女優でタレントの加藤里保菜(かとう・りほな/19歳)だ。

放送開始当初はTBSの女子アナがMCを担当していたが、1999年からは若手の女性タレントが起用されている。

その歴代MCには、歌手で作詞家の星野奏子(旧:渡辺奏子/35)、モデルやタレントとして高いネット人気を誇り、アイドルプロデューサーという一面も持つ鎌田紘子(かまたひろこ/年齢非公開)、ヒップホップダンサーとしても活躍するタレントの星野夏海(ほしのなつみ/27)など、マルチな才能を持った人物が多い。

加藤もまた昨年9月までエイベックスのアイドルプロジェクト・iDOL Streetのメンバーとして活動し、女優としてもさまざまなドラマや舞台への出演経験がある。

すでにアイドルファンの間では有名な加藤だが、一般的な知名度はまだまだ低く、これからが芸能生活の本番といえる。

過去の傾向から『ランク王国』のMCは2年から3年に渡って継続すると考えれば、この仕事を機にさらに知名度をアップさせたいところだろう。

そしてその意気込みは初回から存分に伝わるものだった。

加藤は、「はじめまして~!加藤里保菜です。“りほにゃん”って呼んでください。よろしくお願いします!」と満面の笑顔で元気いっぱいに挨拶。

放送開始当初から番組のマスコットとして人気を集めるCGキャラのラルフに、いきなりバストサイズをイジられるも、「ほっといてください!」と強い口調で切りかえすなど、バラエティ慣れしているところを見せた。

ちなみに加藤はTwitterなどでも自分のおっぱいが小さいことを自嘲気味にネタにすることがある「貧乳体型」で知られる。

スタジオトークではラルフとの軽妙なやり取りを見せ、「チャレンジするのが大好きなので、なんでもやります!がんばります!」とガッツポーズを決めた加藤。

そんな彼女に用意された一発目のロケは「バンジージャンプの高さTOP5(関東版)」というもの。

4日間で5か所のバンジー施設をめぐり、自ら体験してその面白さやスリルを伝えるハードな企画だ。

初回からカラダを張った企画に挑戦した加藤だったが、その様子は実に堂々としたもの。

千葉県の「マザー牧場」にあるバンジー施設では、「飛びたくない…」「ムリムリ」とためらいながら体操服に着替えて気合いを入れ直すとアッサリとジャンプする姿を披露した。

バラエティのお約束をきっちりとこなす彼女は、群馬県にある高さ62mの「猿ヶ京バンジー」からダイブした際にも、ヘルメットにつけられたCCDカメラの位置を修正するほどの余裕を見せた。

さすがに日本一の高さを誇る茨城県の竜神大吊橋にある100mの「竜神バンジー」に挑戦するときには何度もジャンプのタイミングを逃していたが、最終的には見事に飛び出して、「景色が素晴らしかった」と完璧なコメントを残すのだった。

そんな加藤は視聴者にも好評で、放送中からTwitterなどには「新しいMCの子のバラエティ能力が高すぎる」「あどけない顔してるけど、ずいぶん仕上がってる」「可愛いしノリも最高!」といった絶賛の声が相次いでおり、新MCとして順調なスタートを切ったといえそうだ。

「まだ19歳の加藤さんですが、デビューは早くすでに芸歴は今年で7年目になります。

ネット上ではメガネっ娘アイドルとして有名で、今回の放送でもトレードマークである赤いメガネをかけてカメラの前に現れていましたね。

アイドル時代からiDOL Streetのメンバーをイジるようなトークが得意で、メガネというアイテムと相まってちょっとSっぽいキャラで人気を集めていました。

また、そのメガネを外した際のルックスは、いわゆる正統派美少女といった印象で、ファンからも『ギャップがたまらない』といった声が寄せられています。

ここ数年は女優業やタレント業に積極的で、昨年からは、フジテレビのCSで不定期放送されているコスプレ情報番組『コスコスプレプレ』でケンドーコバヤシさん(43)のアシスタントを務めています。

そうした経験が『ランク王国』の堂々とした姿につながっているのでしょう。

iDOL Streetから離れた際に事務所も移籍しており、いろいろな分野に挑戦したいと語っていましたが、今回の放送を見るにバラエティタレント路線が最適な気がしますね」(芸能ライター)

初回の放送から明るいキャラクターとノリの良さを見せた加藤。エンディングでは、「緊張したけど楽しかったです。

それにしてもいきなりバンジーはちょっと酷くないですか」と笑顔でコメントしており、今後もカラダを張った企画に挑戦していくことを誓っていた。

深夜の長寿番組『ランク王国』の新MCは今後もさまざまな話題を振りまいてくれそうだ。

【引用元:メンズサイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について