『A-Studio』で成宮寛貴が“親代わり”として弟を支えた過去激白し、ネット上で称賛の声!

成宮寛貴

俳優の成宮寛貴(32)が14歳時に母親が他界した後、“親代わり”として弟を大学へ入学させるまで支え続けた姿に対し、ネット上で称賛の声が続出している。

成宮は3日放送のTBS系「A-Studio」にゲスト出演。
番組では成宮が母子家庭で育ったこと、14歳時にその母も他界し、6歳年下の弟と生活していたことなどが明かされた。

成宮は母が他界後、引っ越しセンターで働き始め、弟との生活を支えたという。

その時の心境についてMCを務める落語家でタレントの笑福亭鶴瓶(63)が「不安やったろ?」と尋ねると、成宮は「一生懸命だったので、その状況は変えられないから、そこから上手く上がって行くしかない」と思って踏ん張っていたと振り返った。

その後、成宮は俳優として芸能界入りをし、弟を高校、大学に通わせ、現在は就職、結婚までさせることができたことを鶴瓶が紹介した。

成宮は自身が中学1年くらいまでしか通学できなかったため「学歴がどれだけ世間に出るのに大事か身に染みた」といい、弟には学歴をつけさせたかったのだという。

また、弟をわざわざ浪人生活をさせてまでランクの高い大学へ進学させたことなども明かされた。

鶴瓶から「結婚もしてホッとしたやろ?」と、“親代わり”として弟を巣立たせた気持ちを尋ねられると、成宮は「放っとけば勝手に育つという感じが途中からしてきて、あまり面倒を見過ぎるのは良くないなという感じがあった」と語りながらもその表情は安堵(ど)に満ちていた。

番組最後には、弟からのサプライズの手紙を鶴瓶が代読。手紙には母親の葬儀の際、成宮が弟に「最後くらい我慢しろ。お母さん心配で休めないぞ。これからは二人で頑張ろう」と声を掛けたエピソードや、「自分の青春にかえてまで弟の私を育ててくれたことに感謝してもしきれません」など弟からの感謝の言葉がつづられていた。

その手紙にクールな成宮は口を真一文字に結んで涙を堪える。
そして「あいつのおかげで強くなれたと思う。弟がいたからこそ」と思いを吐露した。

放送直後、ネット上では「泣けた~こんないい人で苦労人って知らなかった。見方が変わった!」「とても立派なひと」「ホントにいいお兄ちゃんだなぁ」と称賛の声が続々と上がっていた。

【引用元:日刊スポーツ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について