【あの人は今】元K-1ファイター佐竹雅昭が語る 格闘人生4度の“死の淵”と引退後

佐竹雅昭

K-1で活躍した元格闘家の佐竹雅昭さん(49)。

現在はタレントとして活動するかたわら、京都で空手道場や討論や研修、運動を通じて心身を鍛える経営者向けの勉強会を運営するなど精力的に活動している。

格闘家引退後は、著書「まっすぐに蹴る」で告白したパンチドランカー気味の症状(認知機能障害の兆候)について、“今も後遺症が残っている”“病院通いだ”と一部でウワサされたが……。

佐竹さんはあっけらかんとした様子でこう語る。

「実はパンチドランカーでも何でもありませんでした。ですがいつの間にか、まわりにパンチドランカー扱いされていました、ハハハ。

現役当時は医者に『(試合を)このまま続けていたら30歳でアルツハイマーになるよ』と忠告されましてね。試合で脳が揺れ動いたりして、それで死の瀬戸際が4回あっただけですよ。

医者には『試合後は絶対安静にしてもらわないと困る。誰かに付き添ってもらって、あの世に逝かないように看てもらってください』とよく注意されました。とくに、名古屋で試合したグレコ戦の後は危なかったです」

そう振り返るのは、1994年、後に“拳獣”の異名を誇ったオーストラリア人空手家サム・グレコとの一戦だ。

佐竹は強烈な右フックを受け、2ラウンド1分27秒でノックアウト。
このKO劇でグレコが鮮烈デビューを果たした裏で、佐竹さんは病院送りにされ、生死の境をさまよっていた。

格闘技ブームがピークに達するころには、佐竹さんの周囲はお金に群がる人間ばかりになっていたという。

「“お金を稼ぎたい”“有名になりたい”“女の子にモテたい”と思ってとにかく強くなりましたが、結果が伴わなくなると、次第にチヤホヤされなくなって。

お金でつき合っている人間がみんなサーッと引いていきましたよ。正直、辛かったです。でも、すべては色んな雑念にとらわれた結果。自分のまいた種ですね」

■趣味のフィギュアコレクションは“億超え”

引退後の2008年には、礼節を重んじる人間活塾「平成武師道」を創設し、365日、一日一社長に会うことを目的とした「社長数珠つなぎ」を敢行。

現在も月に1週間は京都に滞在し、経営者向けの勉強会のほか、社員研修や大企業の顧問を手がけている。

また、宗派の異なる西本願寺と東本願寺のお坊さんに「年に1回は顔を合わせる場を」と呼びかけ「無我の会」を立ち上げ。

いまや天台宗や曹洞宗など多くの宗派を含む約140人の大規模な交流会に成長させた。

「どんなにいがみ合っていても、そこは人間同士、酒を酌み交わせば仲良くなります。空手界も、私も輪に入って2020年の東京オリンピックの競技種目に入るべく頑張っていますが、300近い流派が集まり、意見のぶつかり合いはしょっちゅうです。お坊さんも空手家もケンカするのは一緒。皆同じ人間ですね」

13年の参院選に自民党候補として出馬し、あえなく落選。マスコミに3年後の再挑戦を語っていたが、現在の意気込みを聞くとトーンダウン。

「来年は出るかわかりません。必ずしも自分が選ばれる必要はありませんし、チャレンジするには時期尚早だと思っています。

格闘技もそうですが、政界でも海外の猛者と渡り合える絶対的なスターが少ないですね。そういうスターが現れてほしいです」

一方プライベートでは、サブカルチャー研究家として大量のフィギュアコレクションを所有。“怪獣王子”の異名を持つ佐竹さん、話し出すと止まらない。

「漫画は気に入ったタイトルが出たら大人買いします。ゲームも一時期、モンスターハンターを1時間睡眠で1日中プレイし続けて、カミさんに怒られました(笑い)。

フィギュアコレクションの数は……日本国内で3本の指に入ります。価値がはね上がった分も考えると、(概算価値は)億を超えていると思いますね。

いや本当に、日本のホビー製品は誇るべき文化です。現に中野のフィギュアショップに外国人がよく来て、超合金やソフビを買い占め、海外に多く流出しています。価値が認められているのに、日本人のほうがわかってないですよ」

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について