がん闘病中の小林麻央を支える夫・市川海老蔵の“借金問題”…関東連合との事件が原因で…

市川海老蔵

6月9日、妻である小林麻央が乳がんで闘病中であることを会見で明らかにした市川海老蔵。

6月13日付のブログで彼は、麻央が治療のために再入院し、娘の麗禾ちゃんと息子の勸玄くんの様子をこのようにつづった。

《泣きじゃくる2人。ま、まいったなー》

「『今日から私は京都今日からしばし入院』と題したこの日のブログは、《目立つので車の中でバイバイ》と、夫婦が車内で手を握り合う写真を掲載。

彼が京都へ撮影のため出かけることに、子どもたちが号泣したという内容でした。短い言葉の中に看病する家族のつらさが伝わるブログでしたね」(スポーツ紙記者)

1年8か月の間、抗がん剤治療を続けてきた麻央。だが、今回は手術も視野に入れた再入院だという。

国立がん研究センター中央病院乳腺外科科長の木下貴之医師は、現状をこう推測する。

「手術を目標として1年8か月という期間、治療しているということは、効果が認められる抗がん剤が見つかっていない可能性がありますね。ステージⅣまで進んでいるならば、早い段階では手術を予定しません。

だから、推測するならば、ステージⅡbかステージⅢくらいではないでしょうか」

気になるのは、1年8か月にも及ぶ治療費だ。

「麻央が入院している個室は、部屋にトイレだけでなく浴室もついている特別室で、ベッド代が1泊10万円するそうです。

また、抗がん剤なども、未承認のものを使っていれば保険がきかないので、莫大な医療費になる。おそらく数千万円は使っているかもしれませんね」(芸能レポーター)

休みなく舞台に上がり、ブログの年間収入が億近いと噂される海老蔵だが、いまだに借金問題があるという。

「父である團十郎さんが生前に親族の保証人になっており、その事業失敗でかぶった負債が19億円と言われています。それを、海老蔵は残り5億円ほどまで返済したそうです。

しかし、’10年11月に西麻布で起きた殴打事件で舞台を休業し、それで借金が増えてしまったんです」(梨園関係者)

都内一等地にある團十郎の家と土地は、借金を肩代わりした松竹の所有に。

そして、現在も名義が松竹のままであることを考えると、借金は完済されていないのだろう。

「ここにきて、海老蔵に團十郎を継がせてはという声が梨園からじわじわと上がってきているんです。

今年は五代目中村雀右衛門と八代目中村芝翫の襲名で盛り上がっていますが、海老蔵の團十郎と、勸玄くんの新之助同時襲名が行われれば、過去最高の盛り上がりを見せるのは間違いない。早ければ3年以内に行われるのでは」(松竹関係者)

松竹にとっても興行収入が期待できる。それ以上に、海老蔵にとっても大きなビジネスチャンスなのだ。

「お父さんが團十郎を襲名したときは、異例の歌舞伎座3か月興行が行われたほど、成田屋の襲名興行は別格なのです。

当然、収入もケタ違いで、舞台以外にもドキュメント番組などのギャラ、それに贔屓筋からのご祝儀がそうとうな額になるでしょう。

合わせたらおそらく10億円近く入るのでは。そのためにも、麻央さんが1日も早く元気に戻ってきてくれることが望まれます」(芸能プロ関係者)

【引用元:週刊女性】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について