きゃりーぱみゅぱみゅにフリーメイソン会員疑惑浮上も、本人がツイッターで否定

きゃりーぱみゅぱみゅ フリーメイソン

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが31日、フリーメイソンの一員ではないかといネット上での噂を完全否定した。

ネットではきゃりーのPVに奇妙な記号が多数現れたり、着ている服のデザインにも見られることから、何らかの暗号ではないかということが取りざたされた。

また、同じく登場する「目」について、フリーメイソンのシンボル「プロビデンスの目」ではないか、などの“説”も。

これに対してきゃりーは、放置できないレベルに達していると判断したのか、ツイッターで「ちなみに以前から噂されていますが私はフリーメイソンではないですよ」ときっぱり否定した。

噂の根拠にも触れて「目玉とか三角のモチーフが大好きでたまに身につけたりはしてますが実際は違います」と、好みの問題であることを訴えた。

そして何より「女性は入れないって聞いたしなー」ということを決定的な根拠とした。

フリーメイソンとは16世紀後半から17世紀初頭にかけて組織された国際的な秘密結社で、会員には世界の有力政治家、財界人らが含まれているという。

【引用元:デイリースポーツ】

きゃりーぱみゅぱみゅにイルミナティ説が再浮上!? 疑惑が確信に変わった理由とは?(2013年12月8日)

世界的人気歌手のレディー・ガガが、新曲のPRのために来日し、11月29日に放送されたテレビ朝日系『ミュージックステーション』のスペシャル版に出演した。

毎回奇抜なファッションで人々の度肝を抜いてきたガガ様。
29日の放送では、日本のアニメ風目玉メイクを顔に施し、メルヘンチックな風貌で登場。

たまたま同番組にも出演していた歌手のきゃりーぱみゅぱみゅと、衣装デザインがほぼ被るという、前代未聞の珍事となった。

番組終了後は、ガガ様ときゃりーの2ショット写真が、きゃりーのツイッターアカウントから公開され、大きな反響を呼んだ。

と、ここまでは数多ある芸能ニュースサイトでも取り上げられてきた話題であるが、しかし筆者はさらにガガ様ときゃりーの、ある共通点について触れてみたい。

都市伝説や裏社会の秘密に対する興味がおありの方ならば、この2ショットにはただならぬ興味を示したはずだ。

そう、実はガガ様もきゃりーも、一部では秘密結社イルミナティの一員ではないかという噂が、まことしやかに囁かれているのである!

■秘密結社イルミナティときゃりーぱみゅぱみゅの関係性

まずその、イルミナティとは何なのか。

「イルミナティ」――それは、陰謀論者の間では「フリーメーソン」と並んでよく登場する団体で、フリーメーソンのメンバーも多数在籍しているという。

成り立ちには諸説あるが、サタン(ルシファー)に由来し、悪魔崇拝の秘密結社であるという説が有力だ。

さらに「世界単一政府」を生み出すために、裏で世界を動かす闇の集団ともいわれている。

しかし、同じイルミナティと名乗る集団でも、系譜はさまざま。その実態は明らかになっていない。

無数の説はさておき、なぜ、きゃりーぱみゅぱみゅにイルミナティ疑惑が浮上しているのか?答えは、『つけまつける』のPVで使用されている「目」にある。

というのも、欧米の陰謀論においては、イルミナティ・フリーメーソンともに、この「目」をシンボルにしたマークが非常に多いのである。

それゆえ『つけまつける』のPVが公開されるや否や、世界中で「彼女は秘密結社のメンバーではないのか」との声が挙がったのだ。

これについて、オカルトに詳しいライターはこう語る。

「『つけまつける』のPVを拝見し、『ああ、やっぱり』と、疑惑が確信に変わりました。

実は、きゃりーはデビュー前から海外での評価が異常に高く、日本でブレイクしていないうちから『和製ガガ』として海外で注目されていた。

これって、よくよく考えるとおかしいと思いませんか?フィンランドとベルギーのエレクトロニックチャートで1位を獲得するとか、巨大勢力の後ろ盾があったとしか思えませんね。似た例では『江南スタイル』のPSYが挙げられます。

『PSY 6甲』のケースがイルミナティのシンボル『プロビデンスの目』を模したものであるというのは有名な話。

『手首を交差させるダンス』も秘密結社のシンボルだという意見もあります。海外で爆発的に人気が出たアーティストは総じて”アヤシイ”ですね」

また、ガガ様についてはこんなことも。

「全身を黒い雨傘のように偽装して黒柳徹子を魅了してみせたガガを見ればわかりますが、欧米の陰謀論者や過度な信仰心を持つ宗教家から見れば、悪魔の所業のように見える。

欧米の陰謀論では彼女が悪魔崇拝の結社・イルミナティの一員だと睨む人は多いです。さらに、彼女が自分の目を手で「オー」の文字を作って囲うポーズ。

あれも、イルミナティの「すべてを見通す目」を象徴している可能性があるといわれています」(オカルトに詳しいライター)

そんな2人が同時に日本の番組に出演し、オカルト好きを挑発するかのごとく同じような衣装で登場したのだ。

「今回のこの事件が何を意味することなのか…。ミステリー雑誌『ムー』(学研)によると、2014年に第3次世界大戦が起こる可能性があるといいます。

世界中のフリーメイソンやイルミナティが結集し、その動きを操ろうとしている可能性はありますね。

日米の秘密結社が動いているかと思うと…、近い将来何か大きな変化が世界で起きる可能性はあると思います」(同上)

真偽の程は定かではないが、この2人がエンターテイナーとして一流であることは揺るぎない真実である。

今後も彼女たちの動向に注目だ。

【引用元:トカナ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について