“きゃりーぽみゅぱみゅの二番煎じ”前髪切り過ぎた女・三戸なつめの意味不明発言に取材陣ドン引き!?

三戸なつめ

“前髪パッツン”でブレーク中のモデルで歌手・三戸なつめだが、新年早々のイベント現場で意味不明なトークを繰り広げ、マスコミが大困惑。

近頃ではイベント登場の機会も増えているが、現場では「事務所の先輩、きゃりーぱみゅぱみゅの二番煎じ感が強すぎる」という声も噴出しているという。

三戸は7日、都内でマルコメの「カワイイ味噌汁原宿味」の新商品発表会に出席。

商品と連動した新曲「もしもクッキング」を初披露したというが、その後のトークショーでは中身のないコメントを連発し、トーク力のなさを露見させてしまっていたという。

「商品は原宿カルチャーの発信を謳う三戸の所属事務所が、マルコメとコラボして昨秋から進めているプロジェクトの一環としてリリースされたもの。

三戸もメインのイメージキャラクターとしてイベントに出演したわけですが、プロジェクトのテーマの“MISO KAWAII”の説明を求められると『味噌があればカワイイにつながる』、新曲についても『味噌カワイくて楽しくハッピーな歌』など、中身がない、かつ笑いさえも取れないコメントの数々に、現場のマスコミはドン引きしていました」(芸能ライター)

この日はプロジェクトの一環として、昨年600名の応募者のなかからオーディションで選出された初代マルコメちゃんを務める新人タレント・下田朝陽も登場。
三戸と同じ”前髪パッツン”ヘアーを披露したが……。

「大型のイベントは初めてという下田が『世界に“MISO KAWAII”を発信していきたい』とハキハキとコメントしていたことに、三戸も『私よりしっかり落ち着いている』と笑顔を浮かべていた」(同)

原宿系モデルから中田ヤスタカプロデュースによる歌手デビューと、年は3つ下ながらも3年先にデビューして、いまや世界的に評価されている大先輩・きゃりーぱみゅぱみゅとまったく同じ路線を歩んでいる三戸。

「そのためきゃりーの二番煎じ感が強く、まだまだ人気が追いついていないのが現状。

現場では誰一人期待していなかった新人以上の“使えない”ぶりだけに、今後の活動も不安視されています」(同)

イベントでは昨年のブレークから、「部屋が狭くて衣装がクローゼットにパンパンなので、今年は引っ越ししたい」と語っていたという三戸。

新年早々に立ちこめている暗雲を吹き飛ばし、まずは無事、引っ越しを完遂してほしいものだ。

【引用元:おたぽる】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について