なだぎと熱愛否定したG乳グラドル萌木七海に別の男のカゲ

なだぎ武と萌木七海

ピン芸人・なだぎ武(44)とG乳グラドル・萌木七海(22)の熱愛が一部朝刊スポーツ紙の芸能面で大々的に報じられたのは今月12日のこと。この日は実にタイミングよく、2人ともお笑いライブや舞台に出演する予定とあって、会場には芸能マスコミがかけつけた。

 先にコメントしたのは萌木。毎夏恒例の出演舞台の昼公演後、取材に応じたのだが、あれだけデカデカ「熱愛」と書かれたにもかかわらず男女の仲を否定した。「付き合っていないのか」と念を押されると「1人の友人として…仲良くさせていただいているだけです。これ以上はちょっとすいません」と言葉を濁した。

 そして夜、ライブ終了後のなだぎも「仕事が一緒になったこともないし。家に来たこともない」と交際を完全否定。「外でご飯食べたり、相談事に乗ったりする友人ではあるが、娘みたいな人」と釈明した。

 こうなると、業界的には熱愛報道は“誤報”と見なされる。そして、なだぎより知名度の低い萌木はネットでも指摘されたように「売名行為」と取られても仕方あるまい。実際に報道後、萌木の公式ブログはアクセスが急上昇し、セクシーDVDの注文もアマゾンに殺到した。

 報道4日前に萌木は、出演舞台を見に来たなだぎとのツーショットを自身のツイッターにアップ。この写真は熱愛報道でも使われたが、その報道前日のツイートで萌木は、舞台共演者のラッキィ池田(55)と「仲良くさせていただいておりますよ!!」と明かしている。なだぎと同じフレーズをここでも!

 ラッキィとは昨夏の舞台でも共演し、当時、公演期間中にこんなことがあった。舞台関係者が暴露する。

「公演場所からさほど遠くないラッキィさんの自宅兼事務所近くで、彼と萌木さんが2人で歩いてるのを偶然見かけました。その日の公演は午後6時半開演で、2人を見たのは昼下がり。ラッキィさんが萌木さんに個人レッスンをつけてたのか、“同伴出勤”だったんじゃないですか。ちなみにラッキィさんはテンション低そうで、声をかけちゃまずそうな雰囲気でした」

 なだぎは独身だからいいが、ラッキィは既婚者だ。舞台関係者の読みが杞憂に終わればいいが…。いずれにせよ今回の熱愛騒動で唯一得をした格好の萌木だが、こうも相次いで“仲いいオジサン”の存在がバレたら、現在行われている日テレジェニックの選考に影響しないとも限らない。

【引用元:東スポWeb】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について