エロ詩吟がロケバス運転手に 「天津」木村が語る“転身”の真相

天津木村

「あると思います」のセリフで締める、詩吟と下ネタを融合させた「エロ詩吟」で一世を風靡したお笑いコンビ「天津」の木村卓寛(40)。

09年にブレークすると、著書は10万部超のベストセラー、最高月収390万円、家賃24万円の高級マンション住まいという一流芸人にのし上がった。
しかし、その後テレビ出演は激減……。

そんな中、今年4月に「大型二種」免許取得を自身のインスタグラムで報告。
食い詰めてとうとう芸人を諦めたのか。“転身”の真相を直撃した。

◇◇◇

もちろん、芸人を辞めたわけではありません(笑い)。
もともと運転がめっちゃ好きで、エロ詩吟でブレークして東京に出てきた頃に中古でスズキの「ジムニー」を買ったんです。

でも、4~5年後に生活がままならなくなって売却。
車が好きなのに運転できないのはツライ……そうや、職業にすればええんやと。

家には5歳と2歳の子供もいるので、生活費を稼がないといけませんからね。

本の印税が入ったピークの時期に比べると、今の収入は10分の1くらいになりました。

夫婦会議で机に給与明細を並べられて、「はい、下がっていってるよね、どうするの?」と言われ、家賃の安いところに引っ越して、スカパー解約して……。

二種免許を取るのも約40万円かかるので、一発で合格しないとと思って焦りました。

秋田県の大館まで2週間、合宿に行ったんですけど、一匹狼を貫いたせいで寂しすぎて3回も地元のスナックに行って散財。

「メイクラブ」という店が気に入って、そこのチーママと危うくメイクラブしそうでした。でも悲しいかなスナックでも教習所でも気付かれなくて、スナックでは「ヒャダインさん?」と言われました。

■「おっさんレンタル」のバイトは時給1000円

4月からはロケバス会社に契約社員的な感じで所属しています。そしたら最初の仕事が偶然にも宮川大輔さんの番組でした。

朝7時に日テレに集合して、大輔さんの家に寄って、静岡へ運ぶまでの3時間、まったく気付かれず(笑い)。

現場に着いて“送り出し”をするために「よろしくお願いしまーす」と言ったら、大輔さんは7度見くらいして「何してんねん!」と。ドッキリだと思ってたそうです。

みんながロケ中は他のドライバーと弁当食べながら「○○は混む」「東名(高速)より新東名の方が走りやすい」とか道路情報をもらっていました。ロケに参加したいんじゃなく、ロケに触れときたいんです。

きょうは大阪の番組で、タレントさんをロケバスで滋賀まで送り届ける仕事があって、今回は出演者としても参加します。

こういう仕事が増えるのはありがたいんですけど、本質はそういうことじゃない気も(笑い)。

去年の10月からは、はやりの「おっさんレンタル」のバイトもやっています。時給は1000円。

知らない人の話を聞くのは好きですけど、登録料に年間13万円かかるのでめちゃくちゃノルマに追われます。正直、一体どれが正しい道なのか自分でもわからない(笑い)。

「相方の向(清太朗)と一生お笑いをやり続ける」というのが正解なんでしょうけど、一番可能性が薄い道でもある。子供は混乱してますね。

運転手なのか、おっさんレンタルなのか……。芸人だとは言ってなくて、ただ“お父さんにしかできない仕事”と言ってます(笑い)。

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について