エース杉浦友紀より話題 NHK“もらい泣き”美人アナ・上原光紀って誰!?

涙ぐむ上原光紀アナ

吉田沙保里はまさかの銀メダルだが、リオ五輪はメダルラッシュ。とくに活躍が目立つのは女子で、視聴率も好調に推移している。

銅メダルを獲得した卓球女子団体戦(日本時間16日)は夜10時45分からで17.7%、深夜1時台でも15.9%。
同日、タカマツペアのバドミントン準決勝は14.7%だった。

伊調ら4選手が金を獲得し、吉田らのメダルラッシュに沸いた女子レスリングも、夜更けから早朝にしては高い視聴率。

ちなみに、日本選手が目立っていなかった14日の女子マラソンでさえ22.6%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

女性が“活躍”しているのは放送の現場でも同じ。注目すべき女子がいる。

NHKは杉浦友紀が中継アナの中心だが、もうひとり上原光紀(25)が密かに話題を呼んでいる。

【上原光紀アナ】
上原光紀アナ

上原は広島放送局に在籍。リオ五輪で大抜擢されたが、目鼻立ちくっきりの美人、美脚がネット上で評判になり、中継中の「もらい泣き」は語り草になりそうだ。

銅メダルを獲得した卓球女子団体のインタビューで、福原愛が号泣した後に中継の特設ブースが映されると、上原はティッシュを手に持ち、もらい泣きしていたのだ。

「鼻水をティッシュで拭きながら、すすり声で応援ファクスを読んでいて驚きました。モデルタレントらがバラエティーで見せる嘘泣きっぽい涙とは明らかに違う、ひとりの女性としてのもらい泣き。

だから、ツイッターなどでは『NHKアナが涙をこらえながらしゃべっていたのがまた感動的』『リアルなもらい泣きにほっこり』という声が広がった。

未明にホロッとさせる中継シーンだったんです。杉浦にも見劣りしない美形タイプで癒やし系。

上原は“もらい泣きアナ”として、これから人気が出るでしょう。東京に呼ばれて、メーンを張れる器だと思います」(作家の松野大介氏)

NHKにまた“スター候補”の誕生か。

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について