キスマイがご当地男性アイドルに敗北寸前! ジャニーズ神話崩壊の予兆

BOYS AND MEN

2011年8月のデビューから丸5年を迎えたKis-My-Ft2。

記念すべき17枚目のシングル「Sha la la☆Summer Time」も当然のごとく首位独走かと思われたが、23日付けのオリコンデイリーランキングで2万枚差をつけられての2位スタートという、誰も予想しなかった展開を迎えた。

1位は名古屋のご当地アイドルとして活躍中のBOYS AND MEN(以下、ボイメン)の「YAMATO☆Dancing」だった。

しかし翌日のデイリーランキングはキスマイが1位に浮上し、ウィークリーチャートでもキスマイが1位をさらった。

記念すべき5周年というタイミングで、あわや「連続1位記録」を失いかねなかったこの事態に、多くのキスマイファンが肝を冷やしたようだ。

結果、両グループのメンバー誰もおよそ望まないであろう、ジャニーズファンとボイメンファンとの戦い(主にweb上での舌戦)が幕を切った。

まずキスマイが2位スタートという知らせを聞いたジャニファン側が「なんでキスマイが2位なの!?」「せっかくの5周年なのに、ご当地アイドルなんかに負けたくないんだけど」とボイメンを猛烈批判。

対してボイメンファンは「キスマイ抜いて1位とか、ほんとに嬉しい!」「ジャニーズに勝ったぞぉぉ!」「さぞや悔しいでしょうジャニファンはw」とキスマイファンを焚きつけるような歓喜の声を上げ、ファン同士の激しいぶつかり合いが起こった。

キスマイファンは1位を奪還するために、「もう1セット追加購入決定」「キスマイの危機のために、急いでCD買ってきた」とファン総出で売上枚数を上げるという行動に出た。

そのおかげか、次の日にはキスマイが1位になったのだが、その後も24時間テレビのチャリティー中にボイメンの公式ツイッターが「今、ステージ横でCD販売してます!!時間限定です!!」とつぶやくと「売り方が汚い」「キスマイ担まだまだ頑張ります」とキスマイファン激怒。

ボイメンファンは「キスマイファンがなんだとか思うかもしれませんが、私はボイメンを応援してます!」「キスマイ担なんか気にせず頑張ってください!」と応戦して炎上騒ぎになるなど、ファン同士の攻防が今も続いている。

今までにも、嵐をはじめとしたジャニーズと三代目J Soul Brothersのファンの間でどちらが人気があるか、と争いが勃発したことがあった。

今回このような形で知名度を若干上昇させたボイメンは、キスマイと同じく歌やダンス、芝居もこなすアイドルユニット集団。

その上、名古屋を中心に活動を行うご当地アイドルということで、キスマイファンを含めたジャニーズファンからすると、キスマイが地方アイドルに(デイリーとはいえ)売上で負けたことがかなりの屈辱だったようだ。

ジャニーズ以外の男性アイドルユニットはこれまでにもデビューしてきた。

DA PUMPやw-inds.などのグループは多くのファンがついたが、すでに帝国化していたジャニーズが出演する歌番組に他の男性グループが出演することはNHK紅白歌合戦以外ではまずなく、いずれもテレビの音楽番組への露出が少ない状態で、やがて第一線からフェイドアウトという道を辿っている。

音楽番組そのものが減少している現在はなおのこと、男性アイドルグループの露出機会は女性アイドルと比較しかなり少ないといえるだろう。

ただでさえ全国放送の歌番組に出演するのが難しいジャニーズ以外の男性ユニット。

ボイメンは名古屋のご当地アイドルとしてデビューしたものの、当初は地元でも知名度が低く、CDを手渡しで販売したり、自分たちのビラを自分たちで配っていたほどだった。

しかし、テレビこそジャニーズの独壇場だが、最近ではインターネット番組も充実しテレビ以外の宣伝ツールが普及したことが奏功した。

ボイメンに関してはメンバーの10人以外に、既に「BOYS AND MEN研究生」も結成されており、新たな研究生も募集中と、ボイメンの猛攻撃はこれからも続くと思われる。

今後はボイメンのように、ジャニーズに匹敵する男性アイドルがどんどん生まれてくる可能性も高い。

ただでさえ辣腕チーフマネージャーの独立、SMAPの解散問題で揺れに揺れているジャニーズ事務所。

男性アイドルユニットの一時代を築き、その下地を整えた功績を持っていることは間違いないが、メディア統制による市場独占はまもなく終わりの時を迎えるのかもしれない。

【引用元:messy】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について