キムタクがハワイから帰国「一緒にやってきたメンバーなので、気持ちというか…」/SMAP解散で新展開?木村拓哉&メリー”幻のハワイ会談”

キムタクの画像

12月31日で解散するSMAPの木村拓哉(43)が22日午後7時過ぎ、プライベートで滞在していた米ハワイから成田空港着の日本航空機で帰国した。

妻・工藤静香(46)ら家族とバカンスに出かけていたが、この日は空港職員に先導され、単身で姿を見せた。

到着ロビーではテレビカメラの前で足を止めて一礼するなど、異例の対応でファンに謝罪する思いを示した。

一度は通り過ぎかけながら、きびすを返してカメラの前に立った。報道陣から「ファンに一言」と求められると「心配かけて申し訳ありません」と一礼。

一般客も入り交じり、混乱する到着ゲートで堂々と報道陣に対応した。メンバー5人の中で公の場に姿を見せたのは、木村が初めて。

車に乗り込むまでの間に歩きながら質問に応じ、メンバーについて「一緒にやってきたメンバーなので、気持ちというか…やってきたという事実は事実であるので」と複雑な気持ちものぞかせた。

ハワイには9日までに飛び立っていた。だが、10日に事態が急転した。

木村以外のメンバー4人がジャニー喜多川社長(84)を訪問。香取慎吾(39)が「休むより解散したい」と強く望み、草ナギ剛(42)、稲垣吾郎(42)も同調。

グループ存続の意向を持っていた中居正広(44)も押し切られる形で解散が決まった。

ハワイにいた木村は、電話で「解散」の決定に触れ、絶句していたという。

解散発表時には「本当に無念。呑み込むしかないのが現状。情けない結果になってしまった」と書面でコメントし、苦悩をにじませた。

19日に放送されたTOKYO FM「木村拓哉のWHAT’S UP SMAP!」(金曜・後11時)では、ハワイで追加収録したと見られる番組冒頭で「すべてのSMAPファンのみんなに、ただただ、申し訳ないという言葉しかありません。本当にゴメン」と語っていた。

【引用元:スポーツ報知】

■SMAP解散で新展開?木村拓哉&メリー”幻のハワイ会談”

SMAPの解散発表から一週間が経ち、メンバーはそれぞれ担当するラジオ番組でリスナーに向けて報告を行った。

ハワイで休暇中の木村拓哉(43)がパーソナリティを務める『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(TOKYO FM、8月19日放送)では、現地で録音したメッセージを放送。

木村拓哉といえば、その帰国日をめぐって注目を集めており、同じくハワイに飛んでいたメリー喜多川副社長(89)とも接触があると見られていたが……。

「ジャニーズ事務所の広報は、『メリー副社長と木村は会っていない』と話しています」

あるスポーツ紙記者は、呆れ気味にこう語る。
「14日に解散が発表され、世間は騒然となっている。そんななか、メンバーはラジオを通して自分達の口からも報告しました。

しかし、マスコミが欲しいのはやはり“生の声”。そこで、記者達は木村が通ると予想される羽田空港と成田空港で包囲網を張り、帰りを待ち構えている状況です。

が、次第に『まだハワイにいるのだろうか?』と疑問視する声も出てきている。

例えば関西空港や第三国を経由していたり、プライベートジェットを使われると、もはや居所特定は不可能です。

その辺のことも、メリー副社長と現地で相談していると思われていたはずでした」

ところが、ジャニーズの広報はメリー副社長が木村に接触した事実はないとコメント。

マスコミ側としても、「この非常時に、むしろなぜ会っていないのか?」と困惑しているようだ。

「メリー副社長のハワイ入りは、あくまでも“プライベート旅行”だったと言い、家族や友人だけで過ごしたというような説明を繰り返しています。

事務所の看板グループの一大事だけに、本来であれば現地で木村と会う会わない以前に、共にいち早く日本に帰るべきでは。

こうした世間ズレがひいては現在の事務所猛バッシングに繋がっているのでしょうね」(前出・記者)

こうなると、やはりジャニーズ首脳陣からのコメントには期待できそうもない。

木村の足取りは依然として不明だが、果たしてその心中は――。

【引用元:デイリーニュースオンライン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について