ゴールデンボンバーのドラムス・樽美酒研二が左手負傷し全治2ヶ月!!

樽美酒研二

ヴィジュアル系エアーバンド、ゴールデンボンバーのドラムス・樽美酒研二(33)が、自身のブログで左手首靱帯損傷のけがを負っていたことを明かした。

けがをしたのは2週間ほど前で、「左手首靭帯を損傷しました笑(全治2か月ワオ!)」の記述とともに痛めた箇所の写真を公開している。

13日には横浜スタジアムで、バンドメンバーの喜矢武豊と野球対決をするイベントを行っていた。

「怪我とかはよっぽどじゃ書いたりしないんですけど」という樽美酒だったが、「この手の怪我が原因で仕事をお断りさせて頂いた事もございまして。。。それなのに『全然野球やってるじゃねーかッ!!』ってなって、それが原因で芸能界から干されるのが怖くて、この怪我の事をこのブログに書かせて頂きました」と公開に踏み切った理由を説明した。

ファンに対しては「とにかく早く直します!そしてファンの皆様も心配しない下さいね全然私生活には問題ないから♪」と軽傷をアピールしていた。

また、喜矢武も左手を痛めているという。

【引用元:デイリースポーツ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について