シャブSEXに興じてた!? 逮捕前日に清原和博容疑者が滞在した“いわくつき”ホテルの存在

元プロ野球選手・清原和博容疑者の逮捕の衝撃は計り知れない。

 2月2日夜に東京・港区の自宅マンションで覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕されたが、その後の調べで、逮捕前日の1日に同容疑者が群馬県に行き、そこで覚せい剤を購入していたことが判明。すぐには自宅マンションに戻らず、交際中とみられる20代女性を伴い、東京都内のホテルに移動したという。

 捜査員が居室を調べたところ、ホテルの遺留物からは覚せい剤の成分が検出された。

「女性は、行きつけだった銀座の高級クラブのホステスで、遺留物はタオルやゴミ箱に入っていたティッシュ。状況からいって、シャブSEXしていたのは間違いないだろう」とは社会部記者。

 気になるのは、そのホテルだ。

 清原容疑者は浪費グセで知られる上に、2人の子どもの養育費を支払うべく、所有していたマンションを売却。乗っていた高級車もネットオークションに出品するほどの金欠だった。

 にもかかわらず、同容疑者が滞在したのは1泊ウン十万円の超高級ホテル。それも今回だけではなく、ひと月に数回利用していたという。その金は一体どこから出ていたのか……。

 事情を知る関係者は「六本木にあるこのホテルは、セキュリティーが万全で、芸能界の大物たちがよく利用することで有名。情報漏えいすることもないから、デビューしたてのグラドルを集めて乱交パーティーも行われています。清原容疑者が利用した部屋も某芸能界関係者が“定宿”としてキープしていた。かねて清原容疑者は、そこをタダで利用していた」と話す。

 その関係者は「まさかキヨがシャブを食っているなんて……」と周囲に話しているようだが、業界では「知ってて貸してたんだろ!」という声がもっぱら。

 スポーツ紙記者によると「当局は、その関係者の周辺に、薬物とつながる人物が数多くいることも把握している。今後、その人物が事情聴取される可能性もある」という。

 清原容疑者の逮捕におびえる業界人は多い――。

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について