ジャニーズ生田斗真と若手注目女優・清野菜名に熱愛報道!! 半同棲状態でラブラブ? お泊りデートを『週刊女性』がスクープ!!

生田斗真と清野菜名

俳優の生田斗真が10歳年下で女優の清野菜名と交際していることを、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

2人は今年1月クールのドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」(TBS系)で共演し、劇中では清野が先輩、生田が後輩の警官を演じたが、同誌によると、2人が絡むシーンがかなり多く、自然と親密になっていたという。

交際は半年ほど前からスタート。主に清野が生田のマンションを訪れているそうで、今月18日の午後10時過ぎ、生田が住む高級マンションに清野がタクシーで訪問。

すぐにはマンションに入らず、警戒しながらも慣れた様子で訪問先の部屋番号を押し生田の部屋へ。

清野はマンションを訪れて13時間後の翌日の午前11時過ぎ、前日と同じ服装でマンションから現れ警戒しながら帰宅。

同日、マンションから出てきてタクシーに乗ろうとした生田を記者が直撃。

清野の名前を出した途端、けげんな顔つきになり、質問にはまともに答えずタクシーに乗り込みその場を後にしたというのだ。

「生田は親友の小栗旬、フジテレビアナウンサーの弟・生田竜聖が幸せな家庭を築いたのを見てあこがれているようだ。

所属はジャニーズ事務所だが、グループには所属しておらず、生田と同じようにピンで俳優業をこなす風間俊介はすでに結婚。

グループの所属タレントよりもはるかに結婚への“ハードル”は低いだけに、電撃婚もありそう」(芸能プロ関係者)

一方の清野は昨年公開された、園子温監督作品「TOKYOTRIBE」でヒロインに抜てきされ、体当たりの演技とアクションシーンで注目を浴びた。

演技の幅を広げ、今年、「ウロボロス」に続いて4月クールで出演した「LOVE理論」(テレビ東京)ではキャバクラ嬢役を熱演した。

将来有望な清野だが、生田との交際が仕事に悪影響を与えなければいいのだが…。

【引用元:リアルライブ】

■生田斗真、ドラマで共演した女優・清野菜名と熱愛発覚 半年前から交際がスタートしていた

ジャニーズ所属の人気俳優・生田斗真と注目の若手女優・清野菜名が交際していることが、『週刊女性』の取材で明らかになった。

2人は今年1月クールのドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(TBS系)で共演。
劇中では警官の先輩後輩を演じた。

8月18日の夜10時過ぎ、生田が住む高級マンションに清野がタクシーで訪問。

すぐにはマンションに入らず、電話をしながら1本先の通りへ。
2、3分すると戻ってきて、周りを見回しながらエントランスに入った清野。

慣れた様子で訪問先の部屋番号を押し、軽い足取りでドアの向こうに消えた。

マンションを訪れて13時間後の翌日の午前11時過ぎ、清野は前日と同じ服装でマンションから現れた。

来たときと同じように周りを見回し、注意を払いながらその場をあとにした。

さらにその1時間後、今度は生田が半ズボンにサンダルというラフないでたちでエントランスに現れた。

偶然なのか、清野とのペアルックにも見える白Tシャツに帽子とサングラスという組み合わせだった。

ジャニーズ所属の人気俳優・生田斗真と注目の若手女優・清野菜名が交際していることが、『週刊女性』の取材で明らかになった。

「彼女は若手女優の中でも期待度ナンバーワンですよ。園子温監督の映画『TOKYO TRIBE』でヒロインに抜擢され、体当たりの演技と激しいアクションが高く評価されました。

公開中の『東京無国籍少女』では全身血まみれになって、壮絶な銃撃戦を演じています。

来年公開される宮藤官九郎作品にも出ますし、個性的な監督に愛されていますね」(映画ライター)

テレビドラマにも多数出演しており、生田と出会ったのもドラマでの共演だった。

「今年の1月クールに放送されたドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(TBS系)では、警官の先輩後輩という役柄でした。

生田のほうが10歳年上ですが、役柄ではなぜか清野が先輩でしたね。ふたりがからむシーンがかなり多かったので、自然と親密になっていったのでしょう」(テレビ誌ライター)

このドラマはスタイリッシュな格闘シーンが売りで、生田は役作りのために韓国のアクションスタジオ『M』で練習を積んだ。

『ウロボロス』でW主演した親友の小栗旬が紹介したという。

格闘技に目覚めた生田は、スタントを使わずにアクションを披露する清野と心を通じ合わせていったようだ。

「清野さんはモデル出身なんですが、かわいらしいルックスからは想像できないほどの運動神経の持ち主。

中学時代には走り高飛びで全国大会に出場していますし、体育の成績は常にトップで、今もバク転やバク宙はお手のものです。

『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチが目標だと言っていますから、本格的なアクション女優を目指しているんでしょう」(ヘアメーク)

生田はアイドルではなく俳優業がメーンで、ジャニーズとしては変わり種だ。

「“オレはジャニーズの落ちこぼれ”と話していたこともありました。同期や後輩が次々にデビューしていく中で、17歳のときに『劇団☆新感線』の舞台に出演したことで演技に目覚めました。

CDデビューなしでJr.を卒業したのは、彼がジャニーズ初です。今では映画やドラマに引っ張りだこで、話題作には欠かせない存在になりましたね」(前出・テレビ誌ライター)

実は、ふたりの交際は半年ほど前から始まっており、清野が生田のマンションを訪れているという目撃情報も。

ドラマでは生田と小栗の演じるイクオと竜哉の固い結束を2匹の龍で表していたが、生田と清野の間にも強い絆が生まれていたのだ。

「ふたりとも、このところ仕事が切れることがありません。生田は6月に公開された映画『予告犯』で主演でしたし、11月公開の伊坂幸太郎原作の映画『グラスホッパー』でも主演です。

清野は、春クールの連ドラ『LOVE理論』(テレビ東京系)でヒロインを演じ、10月から放送開始の『コウノドリ』(TBS系)にも出演予定です。一緒にいる時間を作るのは大変でしょうね」(前出・映画ライター)

【引用元:週刊女性】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について