タッキー&翼の今井翼は“メニエール病”だったことが判明!!しばらく治療に専念へ

今井翼

体調不良で今月6日に検査入院していたタッキー&翼の今井翼(33)が、突発性難聴や内耳疾患のメニエール病と診断されていたことが12日、分かった。

現在も入院中で、しばらくの間は治療に専念するという。

今井がパーソナリティーを務めている文化放送「今井翼のtobase」(木曜深夜)の6日放送回に、相方の滝沢秀明(32)が代役で生出演し「度重なるめまいなどの症状を起こし、立ち上がるのも困難」などと症状を説明していた。

13日放送の同番組には先週に続き滝沢が出演する。

今井はフラメンコを得意とするなど、ジャニーズでもダンスに定評があることで知られる。

メニエール病は平衡感覚をつかさどる三半規管の病気だが、高野ビルクリニック(東京・新宿)の冨名腰文人院長(63)はサンケイスポーツの取材に「症状が重いと吐き気が止まらず、しばらくの間は安静が必要となる。過度のストレスがあったのかもしれない」と話していた。

今井はタッキー&翼として来月10日に大阪、13、14日に横浜でコンサートが予定されている。

【引用元:SANSPO.COM】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について