タッキー&翼も分裂危機?まだまだ続くジャニーズの派閥問題/マッチの代役!?滝沢秀明の単独ディナーショーに、滝ツバファンは不安隠せず……

タッキー&翼

SMAP解散騒動の裏で、ジャニーズ事務所の派閥問題はその後輩たちをも巻き込んでいる。

『週刊文春』(文藝春秋)が10月20日号で、「タッキー&翼」の今井翼(35)が「SMAP解散はメリーさんのせいだ」と発言したことが話題となっている。

これまでSMAP解散について表立ってコメントをしていなかった今井翼が、ついにメリー喜多川副社長(89)に矛先を向けたとあって、今回の発言でさらなる派閥争いを生みそうな様相をみせているのだ。

今井は、日頃からSMAP・中居正広(44)を慕っていたことで有名。
今井が2014年にメニエール病を患い休養していた際には、中居から空気清浄機と直筆の手紙が届いたというエピソードもあり、中居も相当に今井を可愛がっていたとされている。

それだけに今井は、SMAPの解散報道について「SMAPが分裂なんてありえない」「SMAP解散はメリーさんのせいだ。俺はもう事務所を辞めるしかない」と、知人に相談していたと報じられている。

しかし、こうなると囁かれるのは「タッキー&翼」の分裂だ。

相方である滝沢秀明(34)は、9月に発売された『週刊文春』特別連載『“ジャニーズの女帝”メリー副社長の正体』の中で、「事務所に感謝するのは当たり前。

それをわからなかったらアホでしょう」と、痛烈にSMAP批判をしていたことが報じられている。

SMAP解散で一気に明るみに出たジャニーズ派閥問題が、タッキー&翼の分裂をも招きかねない事態となっている。

「2人の仲良しエピソードは数多くありますが、事務所内の立場は大きく違う。滝沢は、メリー副社長から次期幹部候補としてお墨付きをもらっている立場です。

今井はそれに嫉妬していたということです。最近今井は、酒が入れば事務所への愚痴や、滝沢は事務所の恩恵を受けているなどとこぼしているようです」(芸能記者)

今回このような記事が明るみに出てしまったことで、一歩間違えば事務所批判ともとられかねない発言をした今井の立場は、さらに厳しくなりそうだ。

今井の「辞めるしかない」という発言も、このような背景から来ているのかもしれない。

しかしこのようなグループ内の分裂は、タッキー&翼に限った話ではない。

事務所の後輩たちは、今井のそんな姿を見て戦々恐々としているようだ。

SMAP騒動で元SMAPのマネージャーI氏が退社してからというもの、メリー副社長や、娘の藤島ジュリー景子副社長(50)による内部での“対立派閥”は見られなくなってきている。

だが、事務所内で気に入られているかどうかで立場が大きく変化するだけに、今度は好き嫌いで関係が大きく分かれることとなった。
タッキー&翼は、まさしくその代表例といえるだろう。

「NEWSの手越祐也(28)やHey! Say! JUMPの中島裕翔(23)のように、何度スキャンダルを起こしても仕事が回ってくるタレントもいれば、素行不良が明るみに出てすぐに引退に追い込まれるタレントもいる。

それらは全て事務所の扱いで変わりますから、今ハマってないと感じているジャニタレはかなり疑心暗鬼になっていると聞きます」(前出・芸能記者)

一方で、かつてI氏についていたタレントたちは、SMAP同様に干され始めているという。

今井が現在このような状況におかれているのは、中居を慕っていたからという理由も無関係ではないだろう。

「SMAP解散報道以後、事務所のタレントの関係がぎくしゃくしだしたのは、どの先輩を慕うかで事務所内の立場も変わってくるから。

タッキー&翼の2人が明暗を分けていることで、今後滝沢を慕う後輩は増えるでしょうし、今井を慕う後輩は不安に感じています。事務所内のタレントに誰につくかで、さらに派閥が生まれる可能性はあります」(芸能関係者)

タッキー&翼に限らず、他のグループでもいつ分裂が起こってもおかしくないだけに、もはやジャニーズ事務所内は一触即発状態だ。

【引用元:デイリーニュースオンライン】

■タッキーがディナーショーを開催!

今井翼とのユニット「タッキー&翼」の滝沢秀明が東京と大阪で2か所5公演のクリスマスディナーショーを開催する。

公式サイトによると、12月22日と23日は大阪・帝国ホテル大阪で、同25日と26日は東京・ANAインターコンチネンタルホテル東京で開催し、26日は2公演行われる。

チケット代は1人4万円(税込み)だが、どうやら、ジャニーズ事務所がディナーショー戦線に本格参戦してきたようだ。

「軒並み一流歌手はディナーショー戦線に参戦しているが、数多くの人気グループを抱えるジャニーズ事務所だけに、なかなかディナーショー戦線への参戦が難しかった。しかし、滝沢は現在、ソロ活動がメイン。

スケジュールが空いている時期がもったいないので、ディナーショーを開催することにしたのだろう。おそらく、チケットは争奪戦が展開されるのでは」(レコード会社関係者)

滝沢といえば、「週刊文春」(文芸春秋)でSMAP解散騒動に関する直撃を受けた際、「ただの少年が百八十度人生を変えてもらったわけですから、(ジャニーズ事務所に)感謝するのは当たり前。それをわからなかったらアホでしょう」とコメント。

それに対し、相方の今井は同じ「週刊文春」で、銀座のクラブのVIPルームで泥酔し、事務所の幹部に対する愚痴をぶちまけていることが報じられた。

「おそらく、『タッキー&翼』は今後、開店休業状態になりそう。滝沢は来年以降、ディナーショーの公演を増やすのでは」(同)

ちなみに、ほかの歌手のディナーショーのチケット代だが、五木ひろしの5万1000円を筆頭に、中森明菜が5万円、松田聖子が4万9500円、郷ひろみが4万8000円、美川憲一が4万1000円。

滝沢と同じ4万円は田原俊彦、氷川きよし、美輪明宏でいきなりそのランクに並んでしまった。
滝沢の事務所の先輩であるSMAP・木村拓哉の妻・工藤静香は3万9000円。

滝沢がいかに事務所内で重宝されているかが改めて浮き彫りになった。

【引用元:リアルライブ】

■マッチの代役!? 滝沢秀明の単独ディナーショーに、滝ツバファンは不安隠せず……

2015年にソロデビュー35周年を迎えた、ジャニーズ事務所の“長男坊”近藤真彦。

セルフカバーベストアルバム『三十五周年近藤真彦×伊集院静=二十四曲』、シングル「大人の流儀」のリリース、全国6カ所を回るコンサートツアー、そして『NHK紅白歌合戦』をはじめとする音楽番組への出演と、大忙しの1年を送っていた。

そのため、「全力を出しきり 燃えつきた」近藤は、毎年恒例で開催しているディナーショーを今年は「お休み」するとファンに向けて直筆の手紙で発表している。

そんな中、10月22日にタッキー&翼・滝沢秀明がパーソナリティーを務めるラジオ『タッキーの滝沢電波城』(ニッポン放送)にて、12月22・23日に帝国ホテル大阪、25・26日にANAインターコンチネンタルホテル東京で自身初めてとなるディナーショーの開催を発表。

同会場で毎年この時期にディナーショーを行っていた近藤に代わり、今年は滝沢がこの役目を務めることになったようだ。

滝沢はラジオで「ドキドキしてますよ!舞台、ライブとは違う雰囲気でしょ?」と興奮気味にディナーショー開催について語り、「新しい滝沢秀明というものを見せられる時間にしたいなと思います」と意気込んでいた。

また、ジャニーズ公式携帯サイト「Johnny’s web」内の個人連載「滝沢連合」でも、「初めての経験なので結構前から構想を練ったり自分なりのショーのスタイルを考えています」「皆さんにとって『2016年私お疲れ様』っとなれるような時間にするので楽しみにしててね」と、ファンの期待を高めている。

しかし、この発表を複雑な気持ちで受け止めているのは、タッキー&翼のファン。

というのも、今井翼が今年いっぱいで解散を発表しているSMAPに対し「SMAPさんが分裂なんてありえない」と動揺し、「俺はもう事務所を辞めるしかない」と漏らしていたことや、「(タッキー&翼を)解散したい」とまで語っていたことが、10月13日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に報じられていたのだ。

そのため、滝沢個人でディナーショーを開催することについて、「タッキーひとりでディナーショーするの?なんで?翼くんは?」「初めてのディナーショーは滝翼2人そろって開催してほしかったなあ。本当に残念」「某週刊誌の話信じてる訳じゃないけど、こうも2人のお仕事がないと心配になってくる……」と、素直に喜べないファンが多いようだ。

初めてのディナーショー開催に気合い十分といった様子の滝沢だが、ファンは「タッキー&翼」としての活動も心待ちにしている。

このディナーショーを成功させたあと、来年以降うれしい発表があることを願いたい。

【引用元:ジャニーズ研究会】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について