タモリ、鶴瓶、志村けん…「芸人ビッグ5」出演料ランキング

タモリ 笑福亭鶴瓶 志村けん

タモリ 笑福亭鶴瓶 志村けんギャラ一覧

「あの芸人は1時間でいくらぐらいギャラをもらっているのか」――だれもが思う疑問だろう。

日刊ゲンダイが入手したギャラランキングを2回にわけて紹介しよう。

まずは芸人のトップ5、明石家さんま、ビートたけし、タモリ、笑福亭鶴瓶、志村けんである。

この5人をピックアップしたのはNHKの出演ギャラが高いからだ(金額はいずれも推定、参考までに日本テレビとフジテレビも)。

NHKは紅白50回出場した北島三郎のギャラが50万円程度で、ギャラが少ないことで知られ、芸人の場合、ダウンタウン松本人志が20万円~というレベルだが、トップ5は破格なのだ。

まずタモリ。NHKで今春から第4シーズンがスタートした「ブラタモリ」の評判がすこぶるいい。そのせいかギャラは100万円~と最高ランクである。

「大半のぶら歩きがグルメリポートになっているのに対して、この番組は街の地形や坂、川、建物、鉄道、その土地の文化や歴史を見せてくれ、知的好奇心をくすぐるオトナの教養番組にもなっている。街歩き番組は数々あれど、教養を感じさせるのはこの『ブラタモリ』だけです」(コラムニストの桧山珠美氏)

次に鶴瓶。週間視聴率ランキングの上位に常に顔を出す「鶴瓶の家族に乾杯」で、NHKへの貢献ではピカイチだけに80万円~。

かつて下半身露出騒動で民放を出禁になったこともある“問題児”だが、今や押しも押されもせぬ、国民的人気タレントに昇格といっても過言ではない。

鶴瓶と同額なのは志村けん。17日、第2弾が放送されたコント「となりのシムラ」は好評。

「フジの深夜『志村座』はおふざけのコントですが、こちらは志村の真骨頂といえる本格的なコント。

オーソドックスだけど、中高年にとって等身大のコントという感じで、クスッと笑わせてくれる。

高いギャラに見合うかはともかく、志村の本気度は伝わってくる。出演者が豪華なのもNHKが志村に気を使ってのことでしょう」(前出の桧山珠美氏)

さんまとたけしは同額の50万円~だが、2人ともレギュラーがなく、NHKの出演がそもそもあまりない。

金額は暫定的なもので、出演OKになれば、他の3人と同等になるのは間違いない。

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について