タレント・森下千里が知らぬ病名に困惑「ぎょ!!」 『亜急性壊死性リンパ節炎』と診断

森下千里

ここ数日体調を崩していたタレントの森下千里(33)が27日、亜急性壊死リンパ節炎と診断され、その病名に驚いたことを28日、ブログで報告した。

森下はここ数日、首が腫れて熱が引かず、内科医院で原因が分からなかったことから今度は耳鼻科を訪ねて点滴を施された。

同時に血液検査を受けたが、その結果、点滴終了後「亜急性壊死リンパ節炎」と診断された。

「壊死」という言葉を含む病名を告げられた瞬間、「死にそうな名前にぎょ!!」とした森下だが、よく聞いてみると感染経路、原因、治療法が不明で薬は効かないものの、「1か月くらいすると、ふと治る」ということが分かった。

「じゃあ、痛いけど我慢するしかないですね」と医師に確認すると「そうですね」と言われたので納得したようだ。

亜急性壊死リンパ節炎とはリンパ節の腫脹・疼痛を伴う良性疾患で、原因は不明。珍しい病気であることから、診断を得るまで時間がかかることもある。

【引用元:デイリースポーツ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について