ビッグダディこと林下清志が、三由紀さんと再婚したのは仕事に利用するため!?話題作りだった可能性も!?

ビッグダディ 再婚

「結婚芸人みたい。結婚することがビジネスモデルなんだろうね」

4月に5度目の結婚をしたビッグダディ(49)についてこう言ったのは、ホリエモンこと堀江貴文(41)。

結婚と離婚を繰り返す自由奔放な生きざまを「ビジネス」と斬り捨てた。

もともと一般人にもかかわらず、自身の家族に密着した「痛快!ビッグダディ」(テレビ朝日系)の人気をきっかけに“ブレーク”。

今年1月からタレントとして活動を始め、「いきなり!黄金伝説。」(テレ朝系)など多くのバラエティー番組に出演している。

「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の後枠「バイキング」では火曜レギュラーにも抜擢された。

再婚相手はビッグダディのファンで、「フォロワーミーティング」という名の飲み会で出会った元看護師の三由紀さん(39)。

すでに岩手県盛岡市の自宅で一緒に暮らしている。

「じゃんけんで勝った」という理由で再婚したこの三由紀さんもなかなかの目立ちたがり屋だった。

“テレビデビュー”はダディと再婚後に出演した「バイキング」ではない。

「もてもてナインティナイン」(TBS系)の「お見合い大作戦!」に何度も出演している。

「久米島編」でカップル成立となった男性とはすぐに破談。

その後に「ダディのファンだ」と近づいて結婚にこぎつけるのだから、なかなかの積極性だ。

一方のダディは深夜番組で「年収1200万円。内訳は8割方が出版した本の印税、残りが自身の本業などの収入」と明かしたが、これから先はそうはうまくいかなさそうだ。

「タレントに転身するとき『人生なめてかかる』なんて宣言していましたが、本当にナメきっている。

正直、彼の商品価値はすでに“オワコン”(終わっているコンテンツ)です。

『バイキング』の起用は、ダディを支えている某有名女優の元マネジャーがねじ込んだもの。

去年発売された『ビッグダディの痛快レシピ29』の売り上げは消化率1、2割と悲惨な状況です。

出版記念イベントでは整理券が余る事態に見舞われていました。

印税を東日本大震災復興支援のために全額寄付したという『ダディから君へ』の売り上げもイマイチで、『ブームはとっくに終わっている』というのが大半の見方です。

自分に都合の悪い記事を書かれると、掲載した週刊誌の批判をよそで言いふらすことも、評判を落としている。

もはや取り上げてもメリットがないので、離婚しようが再婚しようが“お好きにどーぞ”という感じ」(マスコミ関係者)

プロレスラーになったり、次女、三女、四女をグラビアデビューさせたり、手を替え品を替え注目されてきた。

次は新妻・三由紀さんのダイエット変身企画でもやる気だろうか。

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について