ファンクラブ年内活動終了…堀北真希は芸能界「寿引退」決意か!?

まっしろ 堀北真希

映画「ALWAYS三丁目の夕日」やNHK朝ドラ「梅ちゃん先生」でヒロインを務めるなど国民的女優に成長した堀北真希(26)。

そんなホマキを射止めたのが、ひと回りも年上の“プレーボーイ”山本耕史(38)だというので、ファンからは祝福と同時に怨嗟の声が湧き上がっている。

24日放送の「とくダネ!」の独占インタビューで山本が語ったところによると、6年前のドラマで初共演した際は連絡先を聞いたものの、教えられたのは事務所の電話番号。

翌年もドラマで共演し、クランクアップの日に飲みに誘ったが、「行きません」と断られて撃沈。

その後、互いのドラマの撮影スタジオが隣で、衣装のまま顔を出すも「もう来なくていいですから」とまで言われたという。

それでも山本は諦めず、今年5月に舞台「嵐が丘」で共演すると毎日のように計40通もの“手紙攻撃”を仕掛け、後日、堀北が京都に新幹線で向かうと聞きつけるや、同じ車内に乗り込んで「交際じゃなくて、『結婚しましょう』と言いました」と指輪を渡し、見事、本懐を遂げたという。

ほとんどストーカーのような熱意で堀北を落とした山本だが、堀北に近い関係者は「相手は誰であれ、結婚の2文字が決定的だった」と、こう続ける。

「数年前まで堀北はカゴの中の鳥のような状態でした。業界では辣腕で知られる事務所の女性社長がガッチリと身辺をガードして、プライベートも管理。

カゴの中しか知らないから外に出しても自分からカゴの中に戻るような具合でした。

たとえば、ファッション誌の撮影では自分で着る洋服も自分で決められず、携帯で社長の指示を仰ぐほどの依存状態だったのです。

もちろん、交際相手はいましたが、相手が人気アイドルだったため結婚はかなわずに破局。

もともと結婚と20代での妊娠願望が強かったのですが、一頃は完全に諦めていた。

ところが、最近は同じ事務所で仲良しの黒木メイサが赤西仁とできちゃった婚したことや、また、昨年からは社長が自らスカウトしてきた元KARAの知英の売り出しに力を注ぎ、知英の現場にばかり同行しているため堀北がノーマークに。

人生のあれこれや将来について考える余裕が生まれ、大ファンだというEXILEのコンサートにも一人で出掛けるほど行動的になっていました。そんなときに山本が猛アタックを仕掛けたのです」

たしかに堀北自身にも月9ドラマのヒロイン、主演映画、朝ドラに続いてNHK紅白の司会など芸能界の大きな仕事を務め上げ、やりきった達成感があるのは間違いないだろう。

実は、結婚と軌を一にするかのように、今月に入って約10年続いた堀北のファンクラブの年内での活動終了も明らかに。

堀北ファンにとっては残念だが、このまま寿引退は既定路線のようだ。

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について