フジテレビ減収減益で株主総会が大荒れ! 株主の「嫌なら見るな」批判を完全否定「打ち出したことない」

フジテレビ

■フジテレビ減収減益で株主総会が大荒れ! 株主の「嫌なら見るな」批判を完全否定「打ち出したことない」

28日に行われたフジ・メディア・ホールディングスの株主総会は、予想通りの大荒れとなった。

 グループの中核である株式会社フジテレビジョンの営業益は、前年比ほぼ減額の55億円。

放送事業の不振を現状、都市開発事業などで補っているフジメディアHDだが、今後も視聴者離れを食い止める糸口が見えないことから、株主たちは苛立ちを募らせた。

「会場内では撮影禁止の案内があったものの、一部の株主がこれを無視。終始野次が飛び交い、殺伐としていた。

当然、質疑応答では、視聴率低迷の要因について辛らつな意見が飛び交った。中には、2011年に“韓流への偏重”だとして起きたフジテレビ抗議デモを引っ張り出し、『“嫌なら見るな”と放置した』と非難する株主も。

これに、フジ側は『フジテレビからそのように打ち出したことは、一度もない』ときっぱり否定していた」(芸能記者)

 韓流批判が収まった現在も、ネット上のフジ批判の対象としてよく目にする「嫌なら見るな」という文句だが、これはナインティナイン・岡村隆史の発言が元。

岡村は11年、ラジオ番組で俳優の高岡奏輔がTwitterでフジ批判を繰り広げた末、所属事務所を解雇された騒動に触れ、「見いひんのやったら、見いひんかったらええのよ。

ただそれだけのことやのに、それをなんでみんなに言う必要があんのやろなって思ってまうのよね」「電気代しかかかってないんだからテレビなんて。

ペイ・パー・ビューやったらまだしも、タダで見てんねんから、電気代以外は。もうやめよう、Twitterとか」と持論を繰り広げた。

「この発言の前には、芸能人の目撃情報をTwitterに書き込む一般人の話をしており、岡村としてはTwitterになんでも書き込む人たちを批判したかったのでしょう。

しかし、高岡に対し感情的になったためか、『フジが嫌いなら、見なければいい』という意味合いが強調されるような言い回しをしてしまった。

当時の岡村は、今以上に“フジの顔”としての印象が強かったため、視聴者から“フジの発言”ととらえられても仕方ない」(同)

 岡村の発言から5年がたった現在も、フジ批判の常套句となっている「嫌なら見るな」。

この言葉が生まれなければ、今のフジのイメージは、もう少しだけよかったかもしれない。

■沈没寸前でもトップ続投の“泥舟”フジテレビ、大荒れ予想の株主総会を乗り切れるか?

低視聴率で2年連続赤字を記録したフジテレビが、6月1日付の人事で、かねてから経営責任を問われているツートップの日枝久会長と亀山千広社長の留任を決めたと聞いて、開いた口がふさがらなかった。

当然、6月28日に予定されている「フジ・メディア・ホールディングス」の株主総会は、今年こそ大荒れが予想される。

 6月初めに民放キー局の2015年度(15年4月~16年3月)決算が出そろった。それによると、フジの売上高は前期比6.5%減の約2,897億円で、31年にわたって維持してきた民放売り上げトップの座を日本テレビに奪われた。

純利益は38.2%減の約33億円だった。一方、テレビ東京の売上高は1,073億円と、フジの約3分の1だが、純利益は約41億円。

フジテレビはテレ東に大きく差をつけられ、民放キー局では独り負け状態。しかも、広告代理店関係者によると「今後はテレ東に広告を出稿したほうが、少ない投資で倍以上のリターンがある。スポンサーの“フジ離れ”が予想される」とのこと。

 昨年、フジは開局以来、初の赤字に転落したことで、今年、亀山社長は大胆な番組の編成改革を断行したが、ドラマや情報番組は相も変わらずの低視聴率。

特に月9ドラマは、福山雅治を起用した『ラヴソング』の体たらくが連日ネットニュースをにぎわせてきた。

 数字が取れる俳優たちの“フジ離れ”が加速する中、起死回生を狙った新お笑い番組『超ハマる!爆笑キャラパレード』も、初回スペシャルの視聴率が6%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、笑えない数字。

まさにフジは、存亡の危機にあるといってもおかしくない状態だ。にもかかわらず、その責任を取らなければならない日枝会長と亀山社長が責任を回避して、早々と留任を決めた。これに対して、一部の株主は猛反発しているという。

 昨年、初の赤字に転じたフジの株主総会は、大荒れに荒れると予想されたが、同局の関係者かOBらしき人物が“質疑打ち切り動議”を提出。

時代錯誤な茶番劇で総会を乗り切った。しかし、今年はそうはいきそうもない。昨今、どこの会社の株主総会も総会屋は激減したが、“物言う株主”というアクティビストが急増している。

フジの株主総会にはアクティビストが押しかけて、日枝会長と亀山社長の解任決議案が出され、荒れに荒れることが予想される。

「いっそのこと、その模様を生中継したほうが、視聴率が取れるのではないか」という皮肉が株主の間からは漏れ伝わってくるという断末魔ぶりだが、果たしてどのような展開が待っているのだろうか?

【引用元:日刊サイゾー】

■“福山月9”歴代Wワースト更新でフジ株主総会大荒れの可能性

「ラヴソング」は全話平均視聴率が8・43%で、月9史上最低を記録。第6、7話で記録した6・8%は、それまでの月9の1話平均の最低視聴率となった。

フジにとってはシャーロット・ケイト・フォックス(30)ら主演のドラマ「OUR HOUSE」(全話平均4・51%)の実質的打ち切りに続く惨敗だ。

 1日付の人事でフジは日枝久会長(78)と、亀山千広社長(60)の留任を決めた。

上層部が低迷の責任を取らない形にも見えるだけに、28日に開かれる「フジ・メディア・ホールディングス」の株主総会の大荒れも予想される。

「先日発表されたフジテレビ単体の2015年度決算では、売上高が前期比6・5%減の約2897億円。

営業利益は48・8%減の約55億円と、減収減益を記録してしまった。31年間守ってきた民放テレビ局売り上げトップの座も日テレに明け渡した」(テレビ関係者)

 テレビ東京を下回る数字もある。広告代理店関係者が言う。

「フジ以外は営業利益減のところはなく、テレ東単体の売り上げは1073億円でフジの約3分の1弱ですが、純利益は41億円で、33億円のフジを上回った。キー局がテレ東に負けたのは初。

CMスポンサーとしては、今後はフジよりもテレ東に広告を出した方が少ない投資でリターンが見込める。

フジはいまだにテレ東の約4倍の料金ですからね。“フジ離れ”はさらに加速しそう。編成改革を指示した日枝会長と亀山社長の責任が問われそうですね」

 テレ東の10倍という割高な制作費を投入しながら、視聴率が冴えないバラエティー番組も。
一連の現状に株主が反発しても不思議ではない。

「総会屋は激減しましたが“物言う株主”が急増してますからね。

株主総会は当然、荒れるでしょうね」とフジ関係者も語るだけに、ひと波乱ありそうだ。
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

【引用元:東スポWeb】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について