ベッキー、金スマ出演にテレビ各局が大激怒…復帰メド立たず、しくじり先生のオファー拒否か

ベッキー

1月にロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫騒動を起こし、芸能活動休止状態だったタレント、ベッキーが、約3カ月ぶりに復帰した。

ベッキーは5月13日放送のテレビ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に出演し、司会の中居正広(SMAP)からの質問に答えるという形式で、一連の騒動を釈明した。

ベッキーは、この『金スマ』出演を機に芸能活動を再開する予定だったが、ここにきてその計画が大きく狂いだした。

計10本以上もあったテレビのレギュラー番組への完全復帰はいまだそのメドすら立っていない。

そればかりか多くのテレビ局関係者から一斉にソッポを向かれ始めたのだから堪らない。テレビ局関係者が語る。

「明らかに調整ミスです。TBS以外のテレビ局編成部が、今回の『金スマ』出演を所属事務所からではなくスポーツ紙で知ったような状態でした。

しかも、その報道内容も4月30日には茨城県でロケを終えているというものでした。

ベッキーがレギュラーを抱えていた各テレビ局は、それぞれ復帰番組について詰めている真っ最中ですよ。

事務所から連絡があったのは報道後で『知らなかった、抜かれた』と主張するばかり。これにはカチンときました」

さらにベッキーがツイていなかったのが、『金スマ』が視聴率を取りすぎてしまったことだろう。

なんと平均視聴率24%近くをマークしたのだ(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)。
結果、多くのテレビ局から逆恨みを買ってしまう事態となった。

「ほどほどであれば、まだ良かったのですが……。同時間帯の他局番組の平均視聴率をみてみると、日本テレビは『かぞくムービー大賞AWARD2016』が6.3%、テレビ朝日の『金曜ロンドンハーツ』が6.2%、フジテレビの『金曜プレミアム』は5.9%、テレビ東京の『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』が6.1%、頭一つ出たNHKの『ニュースウオッチ9』が9.1%。世間のベッキーに対する注目度がどれほど高かったかを物語っています」(大手広告代理店幹部)

そんななかでも“恩を仇で返された”とカンカンに怒っているのが、ゴールデン・プライム帯で最も多くベッキーのレギュラー番組を抱えている日テレだ。

現在、ベッキーは『真実解明バラエティー!トリックハンター』『天才!志村どうぶつ園』『世界の果てまでイッテQ!』など計3本を抱え、“WIN&WIN”な関係にあったはずなのだ。

「日テレ上層部は大激怒しています。なかでもポスト『24時間テレビ』企画と位置付けた『7daysチャレンジTV~一緒に、未来貢献。~』の締めである「かぞくムービー大賞」を潰されてしまった。

今回の惨敗で来年はこの企画も継続できるか怪しい。さらにタイミングを逸して、同番組を担当した情報カルチャー局の局長が6月1日付けで熊本に転出することになりました。

この時期だけに、『金スマ』の高視聴率に影響されているなんていう話もまことしやかに飛び交っています」(芸能事務所関係者)

●ベッキーと日テレの不仲

さらにベッキーと日テレの不仲を決定付けるような話も聞こえてくる。

「ベッキーが司会を務めていた『トリックハンター』が8月いっぱいで打ち切られる方向で調整に入りました。

理由は視聴率もさることながら、ベッキーが司会を務めていたということも影響しているようだ」(放送作家)

当初、日テレ内ではベッキーがレギュラーを務め高視聴率をキープする『イッテQ』や、『天才!志村どうぶつ園』でも復帰企画が持ち上がっていたという。

「特に落ち込んでいるのが『トリック』や『イッテQ』で共に司会を務めていた内村光良ですね。ベッキーが休業中も『早く帰って来い』とOA中にエールを送っていたんです。

実は休業前にベッキーは、共演者やスタッフに手書きの手紙を渡し、再復帰をお願いしていた経緯がある。

噂では『金スマ』の一件で再び手紙を書いているようですが、もうその手は通用しないでしょう。

いまだに旧知の間柄である一部の幹部は『24時間テレビで復帰をさせたらどうか』などと言っていますが、現場はしらけムード一色です。『金スマ』の屈辱は絶対に忘れられないでしょう」(制作会社関係者)

●視聴者からのクレーム

ベッキーがここまで不人気なのは『金スマ』出演の不義理もさることながらいまだ視聴者からのクレームが収まらないからだ。

「事務所主導でベッキー復帰を世間に認めさせようと必死ですが、いまだに不倫を許さない良識派の視聴者が中心となって局やスポンサーにベッキー出演に対する疑問や批判を繰り返しているのです。

メインスポンサーに対しては『ベッキーが出演する番組のスポンサー=不倫肯定』といったクレームが入っています。

また、小学生や年頃の子供の母親から、ベッキーがテレビで話題になるたびに『不倫って何?』と聞かれるというのです。“ベッキー=不倫”というイメージはかなり致命的ですね」(広告代理店リサーチャー)

そんななか、『金スマ』放映元のTBSでさえ及び腰になるなか、ベッキーに対し出演オファーを出したのがテレ朝だったという。

「芸能人が自らの失敗を話すバラエティー番組『しくじり先生』ですよ。唯一、ベッキーが民放局でレギュラーがないということもあり、ダメ元でオファーしたようです。気になる結果ですが、さすがに事務所がNGを出したようです」(大手芸能事務所幹部)

果たしてベッキーの本格復帰はあるのだろうか。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について