ホイットニー・ヒューストンの娘ボビー・クリスティーナ・ブラウンが22歳で死去 約6ヵ月の昏睡状態の末、回復ならず

ホイットニー・ヒューストンの娘ボビー・クリスティナ・ブラウン(Bobbi Kristina Brown)

今年1月に米ジョージア州の自宅浴槽で意識不明の状態で発見された歌手ホイットニー・ヒューストンとボビー・ブランウンの娘ボビー・クリスティーナ・ブラウンが現地時間26日、病院で死去した。享年22歳。

Us WeeklyやE!Onlineなど海外メディアが伝えた。

ボビー・クリスティーナは1月31日(現地時間)、恋人ニック・ゴードンによって浴槽で意識不明の状態で発見され、病院に搬送された。

医師の判断により医療行為によって昏睡状態を保たれていたが、一時、4月には意識が回復したことをクリスティーナの父ボビー・ブラウンや伯母ティナ・ブラウンが明かした。

しかし、その後、再び容体が悪化し、6月にターミナルケアを行うホスピスに転院していた。

「ボビー・クリスティーナは2015年7月26日、家族に囲まれて息を引き取りました。彼女は神の腕の中で遂に安らかに眠ります。皆さんのこの数ヵ月間の膨大な愛とサポートに再度、お礼申し上げます」と、遺族が声明を発表したという。

当局により薬物やアルコールなどは関係していないと伝えられたが、ボビー・クリスティーナが意識不明に陥った状況には謎が多く、警察が事件として捜査。3月にはニックが尋問を受けていた。

【引用元:クランクイン!】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について