レコ大のドンが完全降伏? 三代目JSBの”1億円買収”で業界に激震/HIROが掲げてきた「夢」「希望」「絆」は“キレイごと”だったのか

hiro ldh

『週刊文春』(文藝春秋)がスクープしたTBS「日本レコード大賞」の“1億円買収疑惑”の波紋が広がっている。

同誌の11月2日発売号でも続報され、同賞の最高責任者である日本作曲家協会会長の叶弦大氏(78)が謝罪するという事態にまで発展。

その一方、芸能界を揺るがすほどの事件なのにワイドショーやスポーツ紙では一切触れられないという異常な状況が続いている。

■”レコ大のドン”完全降伏でクロ確定か?

10月末に同誌は、昨年末の日本レコード大賞において「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」に大賞を獲らせるため、所属事務所のLDHとレコード会社のエイベックスが“芸能界のドン”こと周防郁雄社長(75)率いるバーニングプロダクションに審査員への働きかけを依頼していたと報道。

その証拠として税込1億800万円の請求書を掲載し、レコード大賞の裏で“買収工作”があったと伝えた。

同賞の「出来レース」は以前からウワサされていたが、決定的証拠が出てきてしまっただけに衝撃的だ。

もし証拠がニセモノなら即座に否定すべきだが、LDH、エイベックス、バーニング、TBSのいずれも完全沈黙を続けている。

それでいながらLDHは社長のHIRO(47)の退任を突然発表。世間では「認めたも同然」という見方が大勢を占めている。

さらに11月2日発売の同誌は“レコ大のドン”と呼ばれる叶氏を直撃。

これに叶氏は「このような事態になったことは大変遺憾で、主催者として大変申し訳なく思っています」などと完全降伏で謝罪しており、もはや「クロ」が確定的ともいえる印象だ。

「謝罪の言葉を口にしていますが、どこか他人事のようで『自分のあずかり知らぬところで誰かがやった』と言わんばかり。

これほど大規模な買収工作があれば最高責任者が何も知らないわけがないのですが、すでに内部で責任のなすりつけ合いが起きているようです」(芸能関係者)

これほどの大醜聞なのに後追い報道する大手メディアは皆無。
ネットメディア以外では“タブー”と化した不可解な状況となっている。

「レコ大はさまざまな利権が絡んでおり、さらにバーニングやエイベックスが関わっているとなれば大手メディアは自主規制せざるを得ない。

もし逆鱗に触れて『出演NG』『取材NG』を突きつけられたら大ダメージですからね。

また、同賞は一般紙やスポーツ紙の記者が審査に参加しているため、もし買収が事実となれば自分たちの身にも火の粉がふりかかる」(前出・関係者)

■LDHの“コワモテ”ぶりにメディア萎縮?

歴史ある賞の存続意義が失われるだけでなく、メディアの信頼性を揺るがすような疑惑なのに業界中がダンマリとは……。

さらに、この状況にはEXILEグループの躍進で急速に大手に上り詰めたLDHの「コワモテ」ぶりも影響しているという。

「三代目人気メンバーのスキャンダルを掲載する予定だった週刊誌の編集部に“コワモテ”のLDH関係者たちが押しかけ、記事の取り下げを要求したという有名なウワサがある。

それをきっかけに大手だけでなく中小のメディアも『LDHは厄介案件』として、ネガティブな記事を書きたがらなくなった」(週刊誌記者)

7月発売の『週刊文春』ではLDHの元社員が役員からの悪質なパワハラ被害を告発し、ささいなことでの土下座の強要やラーメン10杯の完食を強制されるなどしたと訴えていた。

そんなヤンキー的なノリも大手メディアの萎縮ぶりに関係しているのだろうか。

だが、コワモテぶりと大手プロの威光でメディアを黙らせてもさすがに無傷とはいかずに、EXILEグループは正念場に立たされそうだという。

「これだけの騒動になれば『レコード大賞』へのエントリーは難しい。さらに大晦日の『紅白歌合戦』の出場も、NHKが一番嫌うタイプのスキャンダルなので危うくなっています。

また、HIROの最大の目標は2020年東京オリンピック開会式に三代目やEXILEを送り込むことでした。

すでに五輪関係者とのパイプも築き、準備万端といったところでしたが、クリーンなイメージが失われてしまったことで頓挫しかねない気配。この騒動をきっかけにEXILEグループが崩壊する危険性すらあります」(前出・記者)

どうやら、いくら大手プロの圧力があっても「なかったこと」にはできなさそうな状況である。

悲願の東京五輪開会式への出演がフイになるばかりか、グループ全体の凋落を招きかねない緊迫した状態といえそうだ。

【引用元:デイリーニュースオンライン】

■LDH1億円買収報道を「レコ大」側が謝罪……HIROが掲げてきた「夢」「希望」「絆」は“キレイごと”だったのか

前号の「週刊文春」(文藝春秋)が報じたLDHの「日本レコード大賞」買収疑惑に対し、「レコ大」最高責任者である日本作曲家協会会長の叶弦大氏が、2日発売の同誌で「業界関係者の皆様、歌謡曲ファンの皆様に深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

先月27日発売の同誌は、昨年の大賞を受賞した三代目 J Soul Brothers(以下、三代目)が所属するLDHが、「レコ大」に絶大な影響力を持つバーニングプロダクションに1億円の“業務委託費”を渡していたと報道。
証拠として、バーニングが宛てた請求書を掲載した。

しかしこのとき、多くが三代目ファンが“ガセ”と決め付け、「HIROさんがそんなことするわけない」「三代目があの時流した涙は本物」などとLDHを擁護。

同時に「文春いっかいくたばれよ」「文春クソすぎ~」など、同誌へのバッシングが相次いだ。

だが、そんな強気の態度を見せていた三代目ファンも、叶氏の謝罪報道で落胆ムードに一転。

現在、ネット上では「HIROさんのこと嫌いになった。三代目がかわいそう」「メンバーは何も悪くないのに…。HIROさんが信じられない」「LDHはファンを裏切った。HIROさんは謝罪しないで社長を辞任するし」「HIROさん逃げてばかり。ファンに説明して」と、LDHの社長であるHIROを責める声が殺到している。

「HIROは先月23日、年内で社長を退任すると発表。今後は、クリエイティブ・リーダーというポジションで世界展開を指揮するとしていますが、ファンは買収報道から『逃げている』と指摘。

HIROがこれまで掲げてきた『夢』『希望』『絆』といったスローガンとは真逆の報道に、ファンも裏切られた気持ちでいっぱいなのでしょう」(芸能記者)

また、ネット上では“「レコ大」不要論”が過熱。
受賞者にエイベックスのアーティストが不自然に多いことから、近年は「輝く!エイベックス販促大賞」などと揶揄され、賞の価値は下がる一方だ。

「それでも、TBSで毎年放送される『輝く!日本レコード大賞』の視聴率は1ケタに落ちることはなく、EXILEが大賞を受賞した2013年には平均視聴率17.6%(第2部、ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、三代目が受賞した翌年も15.6%の高視聴率を記録した。

『レコ大』は過去に、組織票の疑いがあるとして審査方法が見直されたことがありますが、今回の不正疑惑もその程度の対処でなあなあになるのでは?」(同)

「このような証拠が出た以上、放置しておくわけにはいかない」として、7日に予定されている審査会で、この問題について審査委員やTBSと話し合うつもりだと明かした叶氏。

いまだ声明を出していないバーニング、LDH、TBSだが、3者ともこの疑惑から逃げ切るつもりだろうか?

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について