ロビン・ウィリアムズは自殺、違法薬物は検出されず 検視官

ロビン・ウィリアムズ

今年8月に死去した米俳優ロビン・ウィリアムズ(Robin Williams)さんの死因は自ら首を吊ったことによる窒息で、死亡時に体内にはアルコールや違法薬物は存在しなかったことが確認されたと、検視官が7日、明らかにした。

ウィリアムズさんは今年8月11日、米カリフォルニア(California)州サンフランシスコ(San Francisco)の北に位置する同州マリン郡(Marin County)の自宅で遺体で発見された。
63歳だった。

マリン郡のロバート・ドイル(Robert T. Doyle)検視官は、死因は「首を吊ったための窒息」によるもので、「自殺」だったと明らかにし、ウィリアムズさんの死に対する調査は終結したと述べた。

検視官は短い声明の中で、毒性評価で治療濃度の処方薬が検出されたが、アルコールや違法薬物は検出されなかったことも明らかにした。

【引用元:AFPBB News】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について