ロンブー淳の下半身露出に人気モデル・くみっきー動じず「セクハラだろ!」と大批判/ロンハーSPが視聴率爆死!企画マンネリで「ネタ切れ感ハンパない」の声

ロンブー淳

25日放送『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の「淳が泊まってジャッジ!ホントはイイ女GP」での、ロンドンブーツ1号2号・田村淳の行動にセクハラ疑惑が浮上している。

このコーナーは、淳が女性タレントの部屋に1泊し、イイ女かどうかを検証する、というものなのだが、人気モデル“くみっきー”こと舟山久美子の部屋へ泊まった際、入浴中に船山を呼びつけ、下半身露出させて舟山に見せつける一幕があったのだ。

これには、「セクハラだろ!」とネット上で批判の嵐が巻き起こっている。

「このコーナーでは恒例になっていますよね。かわいい女性タレントの前で、淳が粗末な物を見せつけたがる。

以前から番組への抗議の電話やメールは届いているようですが、淳が完全に無視しているようです」(テレビ関係者)

女性が恥ずかしがる顔を見て優越感に浸りたかった淳だが、「兄がいるから」と、舟山は平然と淳の下半身を直視。

その反応に納得がいかなかったのか、淳は舟山にすっぴんを見せてほしいと要求。その態度にも「彼氏気取りかよ!」と批判が集まった。

「芸能界であれだけ力を付けてしまうと、周囲のスタッフも誰も止めることができず、やりたい放題なのでしょうね。

最近では、政治にまで言及し、一部では出馬のウワサまで流れましたけど、思い上がりも甚だしい。仮に出馬しても票は集まらないでしょう」(同)

政治の世界は、バラエティの世界とは違い、たった1つの誤った言動で失脚してしまう。

淳には全く不向きと思えるのだが、芸能界で裸の王様状態の淳は、誰の助言も受け入れず出馬してしまう日がくるのだろうか?

【引用元:日刊サイゾー】

■ロンハーSPが視聴率爆死!企画マンネリで「ネタ切れ感ハンパない」の声

8月25日に放送されたバラエティ番組「ロンドンハーツ3時間SP」(テレビ朝日系)の視聴率が6.6%だったことがわかった。

この日、同番組では「スマホで流出!!うっかり個人情報夏の拡散SP」という企画を放送していたが、視聴者からの評判は芳しくなかったという。

「今回の『ロンハー』はSPながら大型ドッキリ企画などではなく、芸人たちのスマホに入っている動画や写真をテレビで公開するという企画でした。

しかし旅行で芸人が酔いつぶれている様子や、夫婦がじゃれあっている映像など、プライベート映像ばかりで中身が薄かった。

さらに番組後半の『淳が泊まってジャッジ!ホントはイイ女GP』も、毎回淳がもてなされるだけでマンネリ化しているため、視聴率にも結びつかなかったのでしょう」(テレビ誌記者)

放送後、番組を観た視聴者からは「スペシャルなのにつまらなさすぎる!」「ネタ切れ感がハンパない」とネット上で不満が続出した。

また今回の低視聴率は、TBSで放送されていた世界陸上の影響もあるようだが、テレビ誌記者は今後も「ロンドンハーツ」は厳しい視聴率が続く可能性を指摘する。

「『ロンドンハーツ』は今年に入り、視聴率1桁台を連発しています。その原因の1つは昨年冬から火曜21時に進出した裏番組の『マツコの知らない世界』(TBS系)でしょう。

現在、マツコは『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)など担当番組が軒並み高視聴率で、今、もっともお茶の間に受け入れられているタレントです。

そして内容も毎回、様々なジャンルのプロフェッショナルがゲストで登場し、その深い世界にマツコが突っ込むというスタイルが幅広い層に受けている。

その一方でロンハーは、出演者、企画、共に代わり映えがなく、若い視聴者からも飽きられているようです」

2004年には、瞬間最高で30.4%という高視聴率を記録したこともある「ロンドンハーツ」。

しかし番組17年目にして厳しい状況に立たされているようだ。

【引用元:アサ芸プラス】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について