ローラ、長すぎる美脚写真に絶賛の声…不自然さに「修正」疑うバッシングも発生

ローラ

モデルでタレントのローラ(25)が、自身のInstagramで連日にわたって「脚長写真」を公開し、その超絶スタイルに驚きの声が上がっている。

今月20日、ローラは公園の休憩所のような場所で柱にしがみつきつつ椅子に腰かけている写真をアップ。

ミニスカートからは長くて美しい脚が露出しており、その見事なスタイルにファンから「脚長過ぎ!」「美しすぎて自分と同じ人類なのか疑わしくなる」「脚の長さが超人的ですね」「膝下わたしの何倍あんねん笑」などと賞賛のコメントが多数寄せられた。

<↓が、インスタグラムに投稿の画像>
ローラ画像修正疑惑

その一方で「修正」を疑う声もあった。
昨今は画像加工ソフトや修正アプリが手軽に使えるようになり、一般人でも写真を修正するのは難しくない。

イメージが大切な芸能人が活用しないわけはなく、モデルのダレノガレ明美(25)が自慢の「くびれ」をTwitter上で披露するも、修正しすぎたせいか背景が歪んでいたために総ツッコミを受けたことがあった。

ローラの写真に関しても、手前側に写った靴が妙に大きくなっているなど不自然な箇所があり、それが修正疑惑につながってしまっているようだ。

その疑惑を払拭しようとするかのように、ローラは22日にも「脚長写真」を公開。

街なかで大きく脚を広げて立っている写真だが、身体の半分以上が脚なのではないかと思えるほど長い。

こちらもファンは「脚長い!」の大合唱になっているが、それでも一部では修正疑惑が消えずにいるようだ。

修正を疑っている人々の間では、ファンが撮影したとされる一枚の写真が疑惑の根拠になっている。

ローラを斜め上から見下ろすような形で撮影されたものだが、前述のような脚長体型どころか「短足」に見えるほど脚が短く感じられる。

これがネット上に流出したことで修正疑惑に拍車が掛かっているようだ。

実際のところローラの超絶スタイルは彼女の本当の姿なのか、それとも修正の結果なのだろうか。

「Instagramにアップした写真は確かに不自然に感じられますが、これは修正ではなく広角レンズで撮影したものでしょうね。

風景写真などでよく使われる広角撮影は遠近感が強調されるのですが、その特性を上手に使えば人物のスタイルを良く見せることもできます。

また、ネット上で『短足』だと話題になった流出写真は撮影アングルの問題ですね。

ローラでなくとも、誰でも同じ角度で撮影すれば脚が短く見えますよ」(出版関係者)

どうやら、決して修正に頼っているわけではない模様。
そもそもローラはテレビ出演などの「修正」のきかない場面でも周囲に比べて脚が長く、極端な修正などする必要はないだろう。

かねてから芸能人の顔立ちが少し変わっただけで「整形」と騒がれる風潮があったが、現在はスタイルの良さをアピールすると「修正」というバッシングが安易に起きる状況になってきているようだ。

ローラといえば、昨年にバングラデシュ国籍の父親が詐欺容疑で国際指名手配・逮捕されるというスキャンダルに見舞われた。

2014年度の『タレントCM起用社数ランキング』(ニホンモニター調べ)で14社に起用されてCM女王となっていたが、広告はイメージが大切なだけに凋落は避けられないと指摘されていた。

実際に今年上半期はランキングのトップから姿を消したが、契約数は8社で影響は最小限。

また、6月からオンエアされている第一興商『カラオケDAM』の新CMでは、意外な歌唱力の高さでAIの「Story」を歌い上げており、歌手活動の本格化も期待されている。

さらに事務所サイドは国内知名度を武器に海外広告市場への進出を狙っているといい、さらなる躍進が見込めるほどだ。

バッシングや身内のスキャンダルなど度々逆風に見舞われるローラだが、その類まれな才能とスタイルで易々と乗り切っているようである。

【引用元:メンズサイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について