中森明菜、ドタキャン連発で総スカン!? 全編英語詞の新曲発売も「売り上げ次第で引退か」

中森明菜

昨年の『NHK紅白歌合戦』で、約4年半ぶりに公の場で歌唱を披露した中森明菜だが、9月30日にリリース予定の新曲「unfixable」をめぐって、関係者から今後の活動を不安視する声が出ているようだ。

日本語で「再生不能」を意味を指す同曲は、複数の候補の中から明菜本人が「この曲でいく!」と発売を強行したというが……。

「unfixable」は、7月に50歳の誕生日を迎えた明菜の通算50枚目となるシングルで、全編英語歌詞のミディアムテンポのバラード作品だという。

昨年の『紅白』出演後、「再び体調を崩したのでは?」といわれていたが、海外で同曲の極秘レコーディングを行っていたそうだ。

しかし、18日発売の「女性自身」(光文社)によると、明菜はレコーディングに際して、ドタキャンを繰り返す有様だったという。

「明菜は相変わらず、交際が伝えられている男性マネジャーにべったりのようで、勝手気ままな言動にスタッフからは総スカンに遭っていたそうです。

『紅白』出場時には、昨年リリースした2枚のベストアルバムの売り上げが30万枚と好調だったため、本人の気持ちも体調も好転したといわれていましたが、1月にリリースした新曲『Rojo ‐Tierra‐(ロホ ティエラ)』は約2万枚と不振で、このことで明菜は再びふさぎ込んでしまったと伝えられていました。

レコーディングのドタキャンも、それが影響しているのかもしれません」(スポーツ紙記者)

そして明菜再始動となりうる今回の新曲だが、「全歌詞英語という時点で、売り上げは厳しそう。

また、活動休止中も明菜の経済面を支えてきたといわれるのは、立て続けに送り出されたタイアップのパチンコ台と、楽曲のカラオケ印税。

しかし、英語歌詞である『unfixable』が、カラオケで多く歌われるとは考えにくい」(同)そうで、今回のリリースが再び活動休止の引き金になるのではと不安視されているようだ。

「明菜は、先の男性マネジャーと奇妙な同棲生活を続けており、一時期は家から外に一歩も出ない状態が何カ月も続いていたと伝えられていた。

持病とされる帯状疱疹の症状以上に、この引きこもり生活を心配する関係者は多いです。

今年は、50歳の記念イヤーなのに、『unfixable』の売り上げも不安視されていることもあいまって、“引退危機”までささやかれるようになっています」(同)

昨年は「絶対に出ない」といわれた『紅白』に電撃出演するなど、いよいよ活動再開が目前かと期待される明菜だけに、約1カ月半後の「unfixable」リリースにあたっては、何かしらファンが安心するようなリアクションを見せてくれることを願うばかりだ。

【引用元:サイゾーウーマン】

■中森明菜 スタッフ総スカン…新曲収録現場でわがまま大暴走!

通算50枚目のシングルが9月30日に発売されることが決まった、中森明菜(50)。
この新曲をめぐってさまざまに憶測が飛び交っている。

「新曲は『unfixable』というタイトルですが、これは“再生不能”という意味なんです。意味深すぎますよ」(スポーツ紙デスク)

それにしても、新曲の録音をこなせたということは、明菜の“心身の不調”は回復したということなのだろうか?

「録音は海外で終えたものの、日本人で明菜に会えたのは、レコード会社のトップの数人だけと聞きました。制作スタッフもすべて外国人なので、近況もほとんど聞こえてきません」(音楽関係者)

だが、さらに取材を重ねると、こんな声が漏れてきた。

「レコーディングは終わっているのに、今回、新曲の発表に彼女の歌声のワンフレーズすら公開されませんでした。

かわりに、レコード会社からは“いまPVを撮影中です。もう少しだけ待ってください”と、テレビや新聞にはお願いがあったそうです。

ところが、この撮影の打ち合わせにしても、ドタキャンの連続だったそうです。“恋人”といわれる男性マネージャーの言うことしか聞かない。

昔から気分で動く人ですが、ついさっき“絶対にイヤ!”と言ったことも、“やっぱりやる”と言い出したり、どんでん返しの連続で、スタッフもお手上げだったそうです。

昨年の紅白出場の頃がいちばん良い状態で、その反動のせいか、精神状態が不安定になっているのでは……」(業界関係者)

歌姫のわがまま大暴走に、スタッフから総スカン状態だったという、明菜。

“奇跡の再生”を願いたいが……。

【引用元:女性自身】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について