乙武洋匡に離婚報道!ささやかれる“ほかの浮気”とは?「親友の元カノ、妻の友人とも……」/神田うの、別居報道後に「LINEで連絡」暴露

乙武洋匡

不倫騒動で参院選への出馬を取りやめた乙武洋匡氏が家族と別居中で、妻とは離婚の話し合いをしていると報じられた。

乙武氏の知人に聞いてみると「過去の浮気をすべて奥さんに懺悔したはずが、隠していた浮気がほかにもたくさんあり、揉めたという話を、別の知り合いから耳にした」という。

3月、不倫が報じられた乙武氏は、2001年の結婚以来、5人の女性と不倫したことを認め、自民党から出馬を予定していた参院選の立候補を取りやめた。

その決起集会となるはずだった4月の誕生パーティーは、一転してメディアの取材もNGで、田原総一朗や古田敦也、神田うのといった出席者にもかん口令が敷かれる異様なものとなった。

ただ、うなだれる乙武氏に代わり、妻の仁美夫人が「夫は世の中に必要な人間」と熱いスピーチをしたことで、騒動は一件落着していた。

ここに出席していた前出の知人は「みんな奥さんの話に感動したし、このときは夫婦の結束を強く感じた」というが、その後に状況の変化があったようだ。

「乙武さんは『あったことを全部話して許してもらう』というようなこと言っていたんですが、知り合いによると奥さんが『まだウソをついていて、もう信用できない』と怒っていたといいます。

もともと浮気のいくつかは奥さんも感づいていたことだったらしいんですが、後から出てきた話の中に、どうしても許せないものがあったのでは?」(同)

週刊誌の続報では6月上旬、仁美夫人のほうから「耐えられません」と別居を提案され、乙武氏は事務所暮らしになったという。

「以前から帰りが遅くなったときは事務所に泊まっていたので、別居の件は知りませんでしたが、今の彼はほとんど仕事もしてないし、遊び歩いてもいないので、事務所に寝泊まりしているなら奥様さんとの関係がこじれた以外、ありえないこと」(同)

確かに乙武氏、はたから見て変化があったのは仕事量だ。

メディアへの露出はまったくなくなり、ある雑誌のインタビュー打診や、イベント出演のオファーには、いずれも丁重な断りがあったことがわかっている。

「仕事どころじゃない、というのはあるでしょう。大きいのは、出馬準備をしていたこと。

そのための秘書まで雇っていましたから。迷惑をかけた人への対処は大変だと思います」(同)

仕事も浮気相手も失った乙武氏は、皮肉にも家族と過ごす時間が増えたはずだが、何があったか、一転して仁美夫人からの三くだり半。

夫婦間のことは当事者にしかわからないが、知人が言うように「別の浮気」などが発覚したことが原因の可能性はある。

何しろ出版関係者らの間でも、乙武氏の“女好き”はかなり有名で、「この15年で浮気相手がたった5人なんて少なすぎる」と話す編集者がいたのは事実だ。

「公になっていない浮気相手がまだまだいて、パーティーにも出席していた“親友”の元カノや、奥さんの友人にまで手を出していた」と編集者。

真偽がどうであれ、大きな障害を持つ自分を一番支えてくれたはずの夫人に見限られたとあっては、教育者としてのイメージも崩壊する。

テレビディレクターからは「乱倫の経験をネタにしてほしい」なんていう無責任な要望もあったというが、矢口真里じゃあるまいし、そんな大胆な路線変更ができるとはとても思えない。

【引用元:日刊サイゾー】

■神田うの、別居報道の乙武氏から「LINEで連絡」

タレントの神田うの(41)が23日、フジテレビ系『ノンストップ』(月~金前9:50)に生出演。

同日、一部週刊誌で妻との別居が報じられた作家でタレントの乙武洋匡氏(39)から、報道についてLINEで連絡を受けていたことを明かした。

乙武氏は今年3月、複数女性との不倫騒動を理由に活動を自粛。

きのう23日の報道では謹慎中の乙武氏が1日中家で過ごすようになったことで、妻・仁美さんが育児や夫の介護で負担を感じ、別居に至ったとしている。

乙武氏と親交のある神田は「あすの週刊誌に出ちゃうから、うのちゃんには話しておきたい」と報道の前日にLINEで連絡が来たことを告白。

「これまで週の半分しか家にいなかった彼が7日間毎日家にいる生活になり、窮屈に感じた奥様が別居を切り出した」と別居の原因について明かした。

さらに、「子育ては1人だけでも大変なのに、お子さんが3人もいて、そこに乙ちゃんもいるわけだから」と妻・仁美さんの心情を思いやり、「不倫報道で夫婦のバランス関係が崩れてしまった。夫婦にはいろいろな形があると思うので、友だちとしてはすごく悲しい」と乙武夫妻の今後を心配していた。

【引用元:ORICON STYLE】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について