乙武洋匡の事務所が「別居は事実」認めた! 不倫報道で夫妻の均衡崩れた? 家族の負担を減らすために苦渋の別居

乙武洋匡と不倫相手?

作家の乙武洋匡さん(40)が妻子と別居状態であることを週刊誌がスクープした。

数か月前の不倫騒動で再出発を誓った夫妻だったが、最近になって妻・仁美さんが別居を切り出したという。

ただ、乙武家に亀裂が生じた原因は不倫問題そのものではなかったのかもしれない。
「亭主元気で留守がいい」とはよくいったもの。

メディアや世間が「一般的な道徳」を基準に騒ぎ立てた結果、夫妻の「均衡」が崩れてしまったようだ。

2016年6月23日発売(首都圏など)の「女性セブン」は、夫妻の知人の話として、仁美さんが6月上旬に別居を切り出したと伝えている。

以来、乙武さんは母やスタッフにサポートしてもらいながら事務所で寝泊まりしているといい、離婚を視野に入れた話し合いを進めているという。
週刊新潮の最新号も、同様の話題を報じている。

乙武さんの事務所は23日、J-CASTニュースの取材に「6月上旬から別居していることは事実です」と報道を認めた。

「離婚については、夫婦間のことですので全く把握していません」としたが、夫婦間に溝が生じていることは間違いない。

原因とみられているのは、乙武さんが自宅で過ごす時間がぐっと増えたことだ。

夫の定年退職後、妻がストレスを溜めてしまうというのはよく聞く話。
熟年離婚に至るケースも珍しくない。

乙武家においては、ここに「介助」の負担が加わる。

生まれつき「先天性四肢切断」の障害がある乙武さんは、着替え、トイレ、風呂など、日常生活の大半を誰かにサポートしてもらう必要がある。

2人は2001年に結婚し、3人の子供を授かった。
以降、仁美さんは子育てに追われ、乙武さんに「夜10時を過ぎたらスタッフのいる事務所に泊まる」ことをお願いしていた。

とくダネ!小倉「報道したために、こういうことに…」
その結果が2015年3月に明るみに出た女性問題だったわけだが、騒動以来、乙武さんが仕事をセーブし、外出を控えたことで、仁美さんの仕事が一気に増えてしまった。

3人の子育てと夫の介助は体力的にも精神的にも負担が重く、ついに限界に達してしまった――というのだ。

以前、仁美さんは「週刊文春」に送ったメールに次のようにつづっていた。

「子どもが生まれてからは、私自身が子育てに精一杯で、心身ともに疲れてきっており、主人の世話から少しでも解放される時間が欲しいと思ったのは事実でした」

乙武さんは自身で性欲処理をすることができない。22時以降は帰宅しないという「半別居生活」の間、仁美さんが乙武さんの女性の影に薄々気づいていたのだとすれば、皮肉にも「不倫報道」によって夫婦の均衡が崩れてしまった、ということにもなりそうだ。

不倫報道を受けた謝罪の中で再出発を誓った2人だったが、わずか数か月で前言を翻さざるを得なくなった。

ただ、この結果に理解を示す声も上がっている。

23日の「とくダネ!」では、司会の小倉智昭さんが、

「奥さんは十分ご存じだったと思う。だれか(女性)がいて、お世話をしてくれる人がいなければ、彼は生活できないわけですから。それがあることによって、(夫人も)助けられてたことがあったと思うんですよ」

とした上で「複雑ですよね。報道したためにこういうことになってしまったのかなって思うとね…」と苦い表情でコメント。

「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)の司会、安藤優子さんも、子供3人がまだ小さいことに言及した上で「孤軍奮闘状態なんでしょうね。そこで乙武さんのお世話も、ってことになると、やっぱりパニックになりますよね」と仁美さんへの理解を示した。

【引用元:J-CASTニュース】

■乙武洋匡氏家族の負担を減らすために苦渋の別居

不倫報道から約3か月、乙武洋匡(40才)・仁美(37才)夫妻が危機を迎えているという。

6月上旬、仁美さんが別居を申し入れ、乙武さんは現在、自宅マンションには帰らず、住み込みのボランティアスタッフがいる事務所で寝泊まりしているという。

不倫報道以前は、仁美さんの負担を減らすためにも週の半分以上を事務所で過ごしていた乙武さんだが、不倫が発覚し“謹慎”状態となってからは、主に自宅で過ごしていた。

この自宅での生活が仁美さんにとって大きな負担になっていたというのだ。

みるみるうちに疲労感がたまり、夫婦間がギスギスし始め、ついに仁美さんが「別々に暮しましょう」を切り出したのだという。

別居を求める仁美さんに対し、乙武さんは抵抗した。今、この状態で離れると取り返しのつかないことになる。子煩悩な彼にとって3人の子供の存在も気にかかる。

どうにかならないか──夫婦関係を維持するため、乙武さんはある提案を続けてきた。

「自分が家にいれば、仁美さんの負担が増すことは乙武さんは誰よりもわかっていたので、彼女の助けになるような家政婦やベビーシッターを頼むことを提案していたんです。

自分の生活の介助をするヘルパーもそうです。でも、仁美さんは、家のなかに知らない人が入ってくることへの抵抗感が強かった。

それは家にいる時間が長い主婦にとっては当然の感覚でしょう。何度となく乙武さんが説得しようとしても、仁美さんが首を縦に振ることはありませんでした」(乙武夫妻の知人)

仁美さんの頑なな態度に乙武さんも覚悟を決めるしかなかった。

「乙武さんがジャーナリストやタレントとしての仕事を再開すれば、不倫騒動が何度でも蒸し返され、それは仁美さんへのストレスになり続けることも、乙武さんは心配していました。

それに、仁美さんの物理的な負担を減らすためにも、自分がいったん家を出ることがベストの選択だと決めたようです。

不倫騒動で痛みを負った彼にとって、愛する家族と離れることは、本当に苦渋の決断だったと思います」(夫婦を知る関係者関係者)

荷物をまとめて家を出た乙武さんは現在、仕事部屋を生活の拠点とするが、15年間苦楽をともにした同居人を失い、先行きは不安だらけだ。

「もともと乙武さんは身体的にひとりで暮らすのは難しい。今は乙武さんの母親と事務所のスタッフが入れ替わり立ち替わりで何とか世話をしていますが、それはその場しのぎのスクランブル態勢にすぎません。お母さんも高齢でこれ以上は無理をさせられません。

スタッフもいつまでもサポートを続けられず、この先どうするかは深刻な問題です。

もちろん、仁美さんも本当に乙武さんの生活を心配していて、“乙武家の今までのあり方が許されないのであれば、彼のためには私は籍を抜いた方がいいのかもしれない”と周囲に告げたようです」(前出・知人)

離婚となれば、経済的な問題も出てくる。

「乙武さんと仁美さんはすでに今後の経済面の相談もしています。今は仕事が厳しいとはいえ、『五体不満足』の印税や講演のギャラなど、それなりの蓄えがあります。

乙武さんは将来の自分の体のことも考えて、節約をしてきていますから。

たとえ離婚となっても、3人の子供の養育費はしっかり払うと乙武さんは約束しているようです」(前出・知人)

※女性セブン2016年7月7日号

【引用元:NEWSポストセブン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について