今年もジャニーズだらけの『24時間テレビ』の視聴率ダウン

DAIGO

日本テレビ系「24時間テレビ38 愛は地球を救う」(22日から23日)の平均視聴率が15・4%(関東地区、以下同)だったことが24日、ビデオリサーチの調べで分かった。

瞬間最高視聴率は34・6%で、23日午後8時44~45分、チャリティーマラソンランナーのDAIGO(37)が100キロを完走し、日本武道館にゴールした直後のシーンだった。

38回目を迎えた夏恒例の番組は、ジャニーズのV6とHey!Say!JUMPのメンバー、史上最多計15人がメーンパーソナリティーを務めた。

スペシャルドラマは「母さん、俺は大丈夫」。Hey!Say!JUMPの山田涼介(22)が主演。

2日間のところどころで「嵐」も登場し、二宮和也(32)が硫黄島に行き戦没者を追悼する企画に出演した。
ジャニーズだらけの24時間テレビとなった。

だが、視聴率的にはふるわなかった。

2014年の同番組の視聴率は17・3%。13年が18・1%だった。

昨年と比べると1・9ポイント、一昨年とは2・7ポイント、ダウンした。

【引用元:東スポWeb】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について