今田耕司と東野幸治の圧力で、共演者の女性タレントが吐血…衝撃の過去が判明

東野幸治と今田耕司

14日放送のトークバラエティ番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で、今田耕司と東野幸治のふたりが女性タレントに吐血させた過去が明らかとなる場面があった。

ふたりは正式なコンビではなかったものの、「Wコウジ」と称されて多くの共演機会に恵まれていた。

ところが、番組では、今田が東野に対して抱く「どうしても許せないこと」をVTRで再現したわけだ。

なんでも14年前、ふたりのトーク番組にカリスマ社長が出演した際、東野はスタッフから口止めされていた女性絡みの話題を振ったのだとか。
もちろん社長は激怒し、番組途中で帰ってしまった。

それだけでなく、グラビアアイドルが出演したときも、東野は相手に向かって「バカ乳娘」と言い放ったという。

こうした事態が続き、ふたりはとうとうレギュラー番組を失う羽目になったそうだ。

しかしVTR後、雨上がり決死隊・宮迫博之が「レギュラー一緒にやってた女性タレントの方が、ふたりのプレッシャーで、新幹線で血吐いたでしょ」と、東野だけでなく、今田のキツさを暴露したのだ。

東野がこのコメントにうなずく一方、今田は意味深に「いろんなことが昔ね」と口にしている。

【引用元:トピックニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について