元モー娘。の市井紗耶香が大人AKB4を売名に利用したことが『有吉反省会』で明らかに!?

市井紗耶香

4日に放送された『有吉反省会』(日本テレビ系)に、元モーニング娘。(以下、モー娘。)の市井紗耶香(30)が出演。

市井といえば、近頃『大人AKBオーディション』に応募し、最終選考で落選したことが話題になったが、この番組にもその件で登場。

元モー娘。でありながら、AKBに鞍替えしようとした理由を説明しにやってきていた。

番組冒頭からMCの有吉弘行(39)に「アイドル気分が抜けないみたいで…」とツッコまれた市井は、「まだまだ全然イケる」と満面の笑顔。

30歳以上に限定された大人AKBオーディションには、「だって必要ないでしょ」と、モー娘。時代の恩師であるプロデューサーのつんく♂に報告することもなくエントリーしたと言い、これだけの話題になったのも、「世の中が騒いじゃっただけ」とあっけらかんと語った。

すでに10年以上も前にモー娘。は卒業しており、自分が元モー娘。のメンバーだとは誰も知らないと自虐的に言う市井。

さらに、2011年に結成したモー娘。のOGからなるドリームモーニング娘。に呼ばれなかったことを愚痴りながら、「だったらいっか」と今回のオーディションを受けたと説明。

ドリムスへの参加を希望していたが、「事務所が違う」といった「大人の事情」で選抜から外れた市井は、相当悔しい思いをしたようだ。

「もう1回輝ける何かがあればチャレンジしたい」との思いで、大人AKBオーディションを受けた市井。

「入ったら絶対面白い」と言う彼女の顔は、自信とやる気に満ち溢れていた。

出演者たちの「売名でしょ?」といった言葉にも余裕の笑顔で「違いますよ~」と答え、落選という結果について有吉が、「いるもん。もっとイイ女は」と言っても、彼女の笑顔は涼しげなまま。どこか貫禄のようなものまで感じる笑顔だった。

その後、番組恒例の禊では、アイドルオーディションへの再挑戦が言い渡された市井。

番組サイドが提示したのは、「ニッポンおふろ元気プロジェクト」が運営するOFR48のオーディション。

2011年に温泉業界の活性化を目指して6つの関連施設が結成したローカルアイドルへの挑戦を伝えられた市井は、「微妙…」「やだぁ…」と漏らしていたが、実際にオーディション会場に行くと、緊張の面持ちで気合いがみなぎっている表情だった。

オーディションではモー娘。時代の持ち歌を披露するなど積極的な姿勢を見せ、見事というか当然ながら合格。

さっそくステージに上がった市井は、センターというわけにはいかなかったものの、抜群の存在感を見せ、「OFR48、本当に頑張ります」と宣言していた。

ネット上では、そんな彼女の行動に対して「一体何がしたいのかわからない」「結局、売名」などというコメントも見受けられるが、ここまで話題になれば落ちたとはいえ大人AKBのオーディションは無駄ではなかっただろう。

今後、彼女は期間限定でOFR48の活動をするというが、メインメンバーではなかったとはいえ、元国民的アイドルグループの一員がスーパー銭湯などの施設でパフォーマンスを披露するのだから、大きな注目を集めるだろう。

少なくとも番組で告知された5月に予定されているステージには、多くの来客があることが見込まれる。

OFR48にとって、とてつもない宣伝になったことだけは間違いない。

【引用元:メンズサイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について