内村航平「壮行会も呼ばれず…」祖母語る“嫁姑の確執”真相

内村航平と嫁の千穂

「子供と一緒にはしゃいで遊んでくれているので、そういうところは“いいパパだな”と思います」

リオ五輪前にテレビの特集で、夫・内村航平(27)の子煩悩な一面を語っていた妻・千穂さん(26)。

内村の体操男子個人総合2連覇と団体金メダルの快挙が報じられるなか、「息子や孫を嫁に取られた」という内村の母・周子さんと千穂さんとの“嫁姑の確執”が取り沙汰されている。

2人は4年前、ロンドン五輪直後に結婚。現在、3歳と1歳の2人の娘がいる。

【嫁の千穂】
内村航平の妻・千穂

新婚当時暮らした埼玉県内のマンションの住人は語る。
「千穂さんは内村さんに家のことを、いろいろと手伝わせているようです。スーパーでティッシュペーパーを大量に買い込む姿も見ました。荷物持ちも内村さんの役割でしたね」

内村のイクメンぶりについて、スポーツ紙記者は言う。

「彼の車の後部シートにはチャイルドシートがセットされています。奥さんが忙しいとき、彼女の実家への子供の送り迎えは内村さんの役目。

普段の練習は午後3時くらいからなので、午前中はもっぱら育児をしているようです」

体操関係者の間では、結婚後の内村の変化が話題になった。

「独身時代は体操のことしか頭になく、一人でいるのが好きな内気な男でした。

結婚後は一変し、よき夫、よきパパとしての自覚が芽生え、家族と過ごす時間が増えたようです」(所属クラブ関係者)

内気夫をイクメンに変えた千穂さん。
しかし、そんな勝気妻の“夫操縦術”が、姑との“距離”を生んでいるのだろうか。

内村の母方の祖母である、小川彰子さん(82)に真相を尋ねた。

「私は前回呼ばれた五輪の壮行会に呼ばれませんでした。娘の周子も呼ばれなかったそうですよ。私はその場でお祝いの踊りを舞おうと準備していたのに、残念です……」

【母親の周子】
内村周子

彰子さんは肩を落とす。とはいえ、報じられたような嫁姑の確執はないという。

「周子と千穂さんは、仲は悪くないですよ。初孫が生まれたときも、周子は『かわいかよ』と喜んでいました」

内村はリオ五輪を目指すなかで「子供は体操をやるための原動力。世界と戦うために欠かせないものです」と語っていた。

「千穂さんは、夫が体操と子供のためだけに集中できるように、あえて嫁姑の距離をとっていたのかもしれません。

そうして“子供のために勝つ”という内村選手のモチベーションを高めたのではないでしょうか」(前出・所属クラブ関係者)

“家族に捧げる金メダル”は、愛妻のコントロールがあって勝ち取れたものだった――。

【引用元:女性自身】

■王者・内村航平を悩ませる、母の露骨な「嫁外し」

「いちばんいい色のメダルがとれた。いちばん幸せ者だと思う」。8月11日、五輪史上44年ぶりに体操個人総合で2連覇を果たした内村航平(27才)は雄叫びを上げ何度も拳を突き上げた。

その瞬間、東京で見守っていた妻・千穂さん(27才)は娘を膝に抱きながら、「うれしくて、感動して、いちばんはほっとしています」と言葉を絞り出した。
目には今にもこぼれ落ちそうな涙──。

一方、現地リオの応援席では母・周子さんがスタンド席で横断幕を掲げ、声をからしていた。

「奇跡を見せてくれてありがとう!」
「航ちゃん、おめでとう!」

飾られた横断幕には、「見守ってるよ 家族より」の文字と、周子さんや、父・和久さん、2才年下の妹・春日さん、愛犬の写真が並んでいた。
しかしそこに、千穂さんと2人の娘の姿はなかった──。

世界選手権6連覇、五輪2連覇と他の追随を許さない“絶対的エース”の内村。

一転プライベートを見ると、夫として息子として“嫁姑問題”の渦中にいる。

内村が結婚したのはロンドン五輪後の2012年11月。
翌12月に千穂さんの妊娠を発表し、“授かり婚”であることが判明。
嫁姑関係はこの時すでに不協和音が生じていた。

「内村は所属するコナミの関係者どころか、母校・日体大(日本体育大学)、日本体操協会にも事前に報告することなく極秘入籍しました。報道を見て驚いた人は多かった。

しかも、内村にはそれまで長くつきあっていた彼女がいたのですが、その子と別れてすぐの結婚だったため関係者の間では二重の驚きでした。

周子さんは“つきあい始めてすぐにデキちゃった結婚なんて情けない”って怒り心頭でね…。当然、彼女への心証もよくありませんでした」(スポーツ紙記者)

千穂さんは日体大体操競技部の後輩にあたり、全国大会3位の実績もある。それでも周子さんのお眼鏡にはかなわなかった。

当時、結婚についてコメントを求められた周子さんは、「結婚で変わったことはありません」と素っ気ない対応に終始。
結婚直後のブログでも意味深にこう綴っていた。

《この笑顔だけは絶やさず我慢していきますわ》。

2013年9月に三重県で行われた全日本社会人体操競技選手権では、嫁姑の“微妙な距離感”が目撃された。

「千穂さんは当時生まれたばかりの長女と一緒に観戦していて、周子さんは少し離れた席に座っていました。でも会話はほとんど交わさず、帰る時もバラバラ。

というのも、その時の千穂さんの格好が、露出度が高くピンヒールを履いていたことで、“場をわきまえていない”と周子さんはイライラしていたみたいです。この大会以外でも千穂さんと周子さんが一緒に応援しているのは見たことがないですね」(体操関係者)

五輪出場を目標に15才で単身上京して以来、練習や合宿、遠征などで実家に帰る時間はほとんどなくなった内村だが、結婚はそんな生活にさらに拍車をかけた。

実家のある長崎県諫早市の近隣住民たちは、「お嫁さんと子供さんの姿は一度も見たことがない」と口を揃える。

「東京に出て行って以来、航平くんの姿を見かける回数も少なくなりましたね。といってもお正月はよく帰ってきてましたよ。でも、結婚してからはお正月に一度も見ていないな。

結婚翌年だったか、航平くんがひとりで帰ってきたけどその時もすぐに戻っちゃったみたいだし。

おばあちゃんもお孫さんには数回しか会ったことがないそうです。お嫁さんがあんまり来たがらないんですかね」(近所に住む女性)

近隣住民の証言を裏づけたのは内村の妹・春日さんのひと言だ。
団体戦で金メダルに輝いた翌日(8月9日)、『ミヤネ屋』(日本テレビ系)に中継で出演した春日さんは内村について聞かれ、こう答えた。

「兄とはまったく連絡をとっていません。金メダルのお祝いメッセージも送っていないです。向こうにも家族がありますから…」

周子さんも、団体優勝直後に祝福メッセージを送ったが返信がないことを明かしており、母や妹との連絡は絶つ一方で、妻には「すごく疲れた」「応援ありがとう」と試合直後に連絡を入れている。

嫁姑関係で板挟みになる夫の立ち位置は難しいが、内村は“嫁側”を貫いているようだ。

昨年11月、スコットランド・グラスゴーで行われた世界選手権から帰国後、出演したテレビ番組で流れた、「何が食べたい? 好きなものをなんでも作ってあげる」という周子さんからのビデオメッセージに、「いちばん食べたいもの? そりゃあ奥さんの手料理ですよ」ときっぱり答えている。

「ロンドン五輪の時、航平くんは表彰台を降りてから客席にいる周子さんに花束を渡したんです。

周子さんはそれがすごくうれしかったって言ってました。でも、去年の世界選手権の時は会場にいたお嫁さんに花束を渡したそうなんです。

“今、航平を支えているのは奥さんだから当たり前かもしれないけどね…”と周子さんは寂しそうでしたね」(周子さんを知る近隣住民)

嫁と姑の距離が縮まることはなかった。そして冒頭の横断幕──。

「“家族より”と書かれているのに千穂さんと2人の娘さんの写真はなく、まるで“嫁外し”をしているようでゾワッとしました。

結婚後、内村が千穂さんを連れて帰省したのは1回だけだそうで、2人の関係は結婚から4年経った今もまったくよくなっていないんだな、と思わざるをえません」(前出・体操関係者)

※女性セブン2016年9月1日号

【引用元:NEWSポストセブン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について