前妻似の愛人も姿消し…清原容疑者ハメた銀座の“仲間”たち/再婚を考えた年下女性「彼を信じて待つ」

清原亜希

清原和博容疑者(48)は「シャンパン」なんて隠語を使って覚醒剤を買っていた。

昨年2月以降は群馬県にいる覚醒剤の売人と直取引していたのだが、清原容疑者が足しげく通っていた夜の銀座では、「清原容疑者をハメたのはあの2人」なんて会話がささやかれている。

「清原容疑者に覚醒剤を教えたひとりとみられているのが、清原容疑者と20年近い付き合いがある40代の元タニマチです。

その自称経営コンサルタントのAが清原容疑者と群馬の売人との仲介役だった。

ところがAは昨年2月に覚醒剤所持で警視庁に逮捕され、清原容疑者の覚醒剤使用や仕入れ先を洗いざらいしゃべったらしい。

そこから清原容疑者の捜査が本格化したのですが、清原容疑者本人は無防備にも、クスリ欲しさに自ら群馬に通い始めた」(捜査事情通)

仲間に裏切られた清原容疑者は自業自得だが、にわかに信じ難いこんな話もある。

「清原容疑者にシャブを教えたのはAですが、フツーの100倍、1000倍ともいわれる“夜の快感”を教え込んだのは清原容疑者の元愛人で、銀座高級クラブの40代ホステスB子といわれます。実はAとB子の2人は、かつて夫婦同然の深い仲だったらしい。

もちろん、清原容疑者とB子が愛人関係になる以前の話ですが、結果的に清原容疑者は、その2人にカネ目当てで利用された揚げ句に逮捕……となったわけです」(業界関係者)

清原容疑者は14年9月の離婚発表後、精神的にもボロボロに。覚醒剤の深みにはまっていったようだが、翌年の春ごろに知り合ったのが、今月2日の逮捕直前まで一緒にいたとされる20代前半の“ハーフ美女”C子だった。

「C子は米国の大学の日本校に通う傍ら、銀座のクラブでアルバイトホステスをしていた。『財布に20万円入れておけば何とかなる』といわれる高級クラブです。

C子は白人系のハーフですが、顔立ちも、スリムな体形も清原容疑者の前妻、亜希さんにソックリ。『奥さんに未練タラタラだな』ともっぱらでした。

清原容疑者は暇さえあれば同伴とアフターを繰り返し、『あれが食べたい』『これが欲しい』なんてC子の言うことをデレデレしながら聞いていた」(ある知人)

そんなC子は2日の清原容疑者逮捕後、クラブからも姿を消してしまったという。

「C子の行方はようとして知れません。が、それもおかしな話で、警視庁は1年365日、24時間態勢で清原容疑者の行動確認をしていた。

それなのに事件のカギを握るC子の居場所が漏れ伝わってこないのは、警視庁かマトリ(厚労省麻薬取締部)がC子を“ネタ元”としてかくまっているから、とみる向きもある。

C子が勤めていたクラブには球界関係者も出入りしていた。清原容疑者のシャブ人脈には球界の大物OBの名前も挙がっている。今ごろ戦々恐々でしょう」(前出の捜査事情通)

結局、みんなが清原容疑者を“売った”ことになる。

【引用元:日刊ゲンダイ】

■清原和博が再婚を考えた年下女性 「彼を信じて待つ」

 2月2日、自宅マンションで覚せい剤を所持していたとして、元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が現行犯逮捕された。1月11日、清原は、巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(79)やソフトバンクの王貞治会長(75)ら、球界大物OBとともに名球会の『ベースボールフェスティバル2016』に参加していた。名球会メンバーの1人が言う。

「ヒットを放ち、跳びはねるように一塁に向かうキヨは、少年のように野球を楽しんでいた。長嶋さんからも“若いんだから頑張りなさい”と声を掛けられて感激していたし、クスリなんてまったく連想しなかった」

 清原は知人に「俺の息子は才能がある。必ずプロ野球選手になる。それまでに俺もプロに戻って、監督として一緒に戦うのが夢なんや」と嬉しそうに語ることもあった。

「今年のキャンプはフリーの立場で、巨人、阪神、ソフトバンクの3球団を視察する予定でした。親しい選手には監督をやりたいと漏らしていたようです」(スポーツ紙デスク)

 しかし、その夢はもう叶わない。今回の逮捕を受け、日本野球機構の熊崎勝彦コミッショナーは3日、〈言葉を失うの一言に尽きる。元選手とはいえ、野球は特に青少年の憧れのスポーツのひとつ。現役を去ってからも、模範であり続けなければならない〉とコメントした。

「これでプロ野球界への復帰は事実上閉ざされた。刺青を入れた時にも批判されたが、起訴有罪ともなれば現場復帰は考えられない」(前出・スポーツ紙デスク)

 清原に希望の光がなかったかといえばそうではない。1月7日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、ある女性の存在を明かしていた。

「また子供が欲しい」と再婚願望に言及し、「年下の好きな女性がおり、公の場では清原和博を演じている面もあるが、彼女の前では素でいられる」と紹介している。別の友人が明かす。

「番組で触れた女性はまだ20代前半と若いですが、本気で再婚を考えていたようです。彼女のために真っ当になろうとしていた。彼女も逮捕されたことに相当ショックを受けていますが、周囲には“彼を信じて待つ”と話しているようです」

 孤独に怯えた清原のまわりには、支えてくれる多くの支援者がいた。そのことに気づかずに愚行に走った清原は、もうひとつの罪を背負うことになった。

※週刊ポスト2016年2月19日号

【引用元:NEWSポストセブン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について