加藤綾子が激ヤセなのに巨乳化!?生放送中の退席で妊娠説も浮上!?

加藤綾子

フジテレビのカトパン・加藤綾子アナ(29)が起こした「生放送途中退席」の陰で、“妊娠説”が囁かれていたという。

問題の事態は10月27日早朝、加藤アナが司会を務める『めざましテレビ』生放送中に起きた。

「番組開始から十数分たった午前5時37分、加藤アナは突然画面から姿を消したのです。

男性アナがニュースを読んでいる時、画面には映らない場所だったものの、加藤アナは突然うずくまるように床に倒れこんだそうです。

表向き、局側は風邪による体調不良と説明しましたが、はたして本当なのか疑問」(芸能記者)

本誌は、事件直後から局内や加藤アナに近い芸能関係者の間でまことしやかに広まった“ある説”を入手。

「多忙とはいえ、一般的には風邪で床に倒れたり、途中降板するとは考えにくい。

今回の倒れ方がどう見ても、妊娠初期にみられる“つわり”症状に似ていた。

局内外ではすぐ“たくさん仕事を押し付けられているだけあって、とても妊娠を局に言い出せなかったのだろう”という妊娠説が広がった」(フジ関係者)

複数の関係者によると、妊娠説の相手としては、デート報道があったメジャー選手のダルビッシュ有、元カレの銀行マン、熱愛が噂された『EXILE』TAKAHIROらの名が飛び交ったとか。

「妊娠説が拡大した理由はほかにもある。犬猿の仲だった先輩・生野陽子が9月、加藤の元カレ・中村光宏と結婚したことへの対抗心で、だれかと電撃妊娠に踏み切ったとの見方まで出ているのです」(同)

ほかにも、加藤アナをめぐる異変があった。最近、謎の激ヤセ巨乳化しているのだ。

超激務に加え、10月に週刊文春が発表した「嫌いな女子アナランキング」で、本誌応援の田中みな実をおさえ初の1位になったことなどの精神的ショックも重なってか、加藤アナはかなり痩せたのは事実。

「しかし、一方で、途中退席事件直前の10月25、26日に行われた東京・台場のハロウィンイベントで『アナと雪の女王』のキャラクターコスプレ姿で中継リポートに登場。

胸元までスケスケのエロ衣装を披露したのですが、げっそりやせたボディーの中でおっぱいだけは、はちきれんばかりに膨らんでいたのです。これも妊娠初期の特徴的現象なだけに“まさか…”との声が出た」(芸能ライター)

本誌報道通り、加藤アナは局幹部に「来年3月退社」の意向を内々で伝えているとされる。
「今回の途中退席後、加藤はひどく責任を感じて落ち込み、仲のいい後輩の三田友梨佳らにまで『もう辞めたい…』と辞意を漏らしたそうです。30歳になる来年4月の前月にあた

る『3月退社』はさらに濃厚。それどころか、もっとXデーは早まるかもしれませんね」(前出・フジ関係者)

三十路の色気プンプンだ。

【引用元:週刊実話】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について