動物愛が消えた?ムツゴロウ、多額の借金で”ゆかいな仲間たち”を解散…/なぜか「ボサノヴァ」にハマっていた!!/都内のペット禁止マンションでひとり暮らし

ムツゴロウ

“ムツゴロウとゆかいな仲間たち”のキャッチフレーズなどで知られるエッセイスト、作家、動物研究家の畑正憲(以下、ムツゴロウ)が1月29日の毎日新聞のインタビューを通じて、動物愛がなくなってしまったことを告白した。ネット上で驚きの声が上がっている。

■多額の借金と消えた動物愛

 2004年に東京サマーランドの観光施設として開園した「東京ムツゴロウ動物王国」は客足が伸びず、2007年に閉園した。その際に、ムツゴロウには約3億円の借金が負わされたという。

 このときムツゴロウは71歳。同紙のインタビューに、「自分でも怖いくらいの愛情過多症」「熊とか馬とかを命がかかっちゃうくらい愛するんです」と自身の動物に対する愛情の強さを表現した。しかしながら、3億円の借金を背負うことになった時期と重なるように、「70を超えたころから、ふーっとなくなったんですね」と動物愛が消えたことを明かしている。

 現在は8年かけて借金を完済した模様だが、たぐいまれな動物愛は結局戻らず、現在は民主主義をテーマにした「ブラジルを舞台にした女性の一代記」を執筆中とのこと。都内にあるペット禁止のマンションで、家族と別居して一人暮し中だ。

 ムツゴロウの”動物愛消滅”の一報はツイッターなどSNS上でも広がり、「世も終わりだな」「軽くショック」「ムツゴロウさんから動物愛をとったらなにが残るんだ」「ベッキーどころじゃないニュースなんじゃないんでしょうか」と驚きを口にするユーザーが出ている。

■過去には猛獣と”愛のスキンシップ”

 かつて動物愛が健在だった頃のムツゴロウの”愛のスキンシップ”エピソードは枚挙に暇がない。たとえばブラジルでは、施設のライオンへ網越しに手を差し伸べて、中指を噛まれて第一関節を切断するハメに(当時、ムツゴロウの指を診断して驚いた医師に「ニコニコ笑って切ってもらった」と答えたという)。他にも、イヌとは熱烈なキスを展開し、牛のオシッコを飲み、ナメクジをペロリと食べ、半ば興奮したジャガーとじゃれ合い、ゾウには踏み殺されかけ、アナコンダに絞め殺されかけた。

 1月21日放送のバラエティ番組「ダウンタウンDXDX」(日本テレビ系)では、オオカミの雄に求愛の手ほどきをして交尾の仕方を教えた生々しすぎるエピソードを語り、司会のダウンタオン浜田雅功らを驚かせている。

「危なかっしい動物エピソードを豊富に持っている方ですから、本人に意欲があれば、バラエティを中心にまだまだ活躍できるはず。動物絡みで身体を張った体験を繰り返し、さらには借金を負った分、動物ネタで稼いでも文句を言う人はいないでしょう」(芸能関係者)

 禁断の告白をしたムツゴロウ。この先どんな活躍を見せてくれるのか。そして動物愛がよみがえる日はやってくるのか?

【引用元:デイリーニュースオンライン】

小説家、エッセイスト、動物研究家、そしてあの「ムツゴロウ王国」で知られる畑正憲(79)さん。トーク番組「オトナの!」(TBS系、3月4日放送)では、畑さんの伝説にもなっているライオンに噛み切られた中指を見せ「つるつるでしょ。免疫力あるんですね」と笑顔で語っていた。

 現在は、ムツゴロウ王国を離れ、都内のマンションで一人暮らしをしているという。

 「読書や、執筆活動のため深夜遅くまで起きているため、家族に迷惑がかかるとの理由で数年前から家族と別居しています。なんでもとことん取り組まないと納得いかない性格なんですね。最近は『80歳になったら、本当に好きなことをやりたい』と、ますます目を輝かせてます」(畑さんの知人)

 4月には80歳になる畑さんを夢中にさせているのは、ボサノヴァ。南米の地でボサノヴァを聴いてから、すっかりとりこになり、今では自ら作曲したいほどのめり込んでいるというのだ。

「『ボサノヴァを作曲したい』と、年に1カ月間は南米の主にキューバやブラジルに行って、言語を勉強しているんです。ポルトガル語やラテン語も『完全にしゃべれるようにしたい』と意気軒高です。自宅には10畳分ほどに2メートル30センチぐらいの高さの本が山積みですが、動物は1匹もいないそうです」(前出の知人)

 80歳にしてとどまることを知らない好奇心。もはや超人と言っても過言ではない畑さんからどんなボサノヴァのサウンドが生まれるのか。

【引用元:dot】

動物たちと過剰なまでのスキンシップをしているイメージの強い“ムツゴロウさん” こと畑正憲さん(79才)は今、東京で、動物とは無縁のひとりぼっちの生活を送っていた。 現在の彼の住まいは、高級ブランドショップや流行りのレストランが建ち並ぶ、都内でも有数のおしゃれな街のヴィンテージマンションだ。

「あぁ、ムツゴロウさんね。ここに越してきて4~5年になるんじゃないですか? 会えばにっこり笑って挨拶してくれるんですよ。そういえば、いっつもおひとりですねぇ…」(近所の住民)

 と、そんな話を聞いてるそばから、ムツゴロウさんがマンションから出てきた。えっ?スーツ? 青のスーツに合わせていたのは、オレンジ色のポロシャツという目をひく組み合わせだった。北海道の大自然の中で、動物と戯れている作業着のイメージとは正反対。

「近所で買い物をしているのをよく見かけますが、いつもジャケットを着ています。部屋着みたいなジャージー姿とかは、まず見たことないですよ」(別の近所の住民)

 奥さんは? 動物は一緒じゃないの? そんな謎をさらに深めるように、マンションの規約を見るとそこには、はっきりと「ペット不可」の文字があった。

 東京暮らしを決めた時、ムツゴロウさんは「80才になったら、ほんとに好きなことをやりたい」と周囲に打ち明けていた。芸能関係者が続ける。

「奥さんと娘さんは北海道で暮らしているので、完全に別居状態です。でも仲が悪いとかではなく、ちょくちょく連絡もとってますし、年に2回は北海道に帰るそうですよ。いつもひとりでつまらないのかな?と思って聞いたことがあるんですが、“寝ないで本を読んだり、麻雀したりで忙しいから”と言ってました」

 マンションに帰るムツゴロウさんに、直接その疑問をぶつけてみると…。

──もうこちらに住んで長いんですか?
「ん…忘れちゃったな。覚えてないです」

──奥さんとは離れて生活してるんですか?
「北海道と行ったり来たり。家内も元気なので、何も心配することはございません」

──ペット禁止みたいですけど、もう一度動物たちと暮らしたいとは思わないんですか?
「…(無言)」

 記者がさらに質問を続けようとするが、ムツゴロウさんは79才とは思えない早歩きでそのままマンションの中へ消えていった。

※女性セブン2014年7月3日号

【引用元:NEWSポストセブン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について