北条司が原作人気コミック『エンジェル・ハート』実写ドラマ化決定!! 10月に日本テレビで連続ドラマがスタート!!!

エンジェル・ハート

北条司氏(56)原作のハードボイルドコミック「エンジェル・ハート」が、10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ(開始日、時間未定)として初めて実写化されることが16日、分かった。

同氏の「シティーハンター」(85年より連載)の世界観を元に描かれた、累計2500万部を超える人気作で、「きょうは会社休みます。」「泣くな、はらちゃん」などを手がけた同局の狩山俊輔氏が演出を担当する。

「エンジェル―」は新宿を舞台に、一見お調子者に見えて、実はすご腕のスイーパー(始末屋)として悪を始末する顔を持つ主人公の冴羽(さえば)リョウと、死んだ相棒・槇村香の心臓を移植してよみがえった謎の美少女・香瑩(シャンイン)との、家族愛をテーマとした物語。

01年より「週刊コミックバンチ」(新潮社)で連載開始し、現在も「月刊コミックゼノン」(徳間書店)で続いている。
05年にアニメ化されているが、実写化は初めてだ。

現段階で出演者などは明らかになっていないが、ハードボイルドな仕掛けに加え、魅力的な登場人物と温かいエピソードで「人間愛」や「家族愛」を表現。

真の心の触れ合いをテーマに、すべての世代が楽しめるドラマを目指すという。

ドラマ化は「シティー―」含め初めてで、北条氏は新たな展開に、「そういえば連続ドラマって初めてですね。どうなるかまるで想像がつかないので、楽しみにしています」と期待を寄せている。

【引用元:スポーツ報知】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について