“卒論”提出で新展開を迎えそうなゲス川谷&ベッキー

ベッキーとゲスの極み乙女。川谷絵音

「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音の離婚が成立したことで、新展開を迎えるという情報が浮上。

9日、川谷は自身のブログで「我々夫婦は話し合いの末に離婚しました事をご報告致します」と報告した。

川谷といえば、タレント・ベッキーとの不倫スキャンダルが「週刊文春」(文藝春秋)で報じられ、一大騒動に発展。

ベッキーは緊急会見を開き、「多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。

そして、川谷との不倫関係については「友人関係」と完全否定した。

同誌では川谷とベッキーとのツーショット写真の他に、生々しいLINEのやり取りを大公開。

当時、既婚者の川谷は妻との離婚を切望し、ベッキーも離婚成立を待ちわびていた。

2人は離婚届けのことを“卒論”と表現し、LINE上でベッキーは「卒論提出できたらけんちゃんにいっぱいわがまま聞いてもらおうっと」とコメントし、川谷も「ちゃんと卒論書くから待っててほしいな」と返答。

その後、同誌が第二弾のスキャンダルを報道。これにより、ベッキーはテレビ、CMなどの仕事が全て消滅し、芸能活動を休止。現在も表舞台には出てきてはいない。

一方の川谷は、テレビ朝日「ミュージックステーション」やフリーライブに出演し、騒動に関して「この度はご迷惑、ご心配をおかけして申し訳ございません」と謝罪。

全国ツアーを行うなど、いまもバンド活動を継続している。

そんな中、4月27日発売の「週刊文春」ではベッキーからの手紙を公開。

その内容によると、ベッキーはすでに川谷への気持ちはないという。

「手紙でベッキーは川谷への未練はないと断言していますが、川谷は同誌からインタビューを受けた際にベッキーへの気持ちについて具体的に示していない。

もし、川谷の方にいまだ気持ちがあるならば、卒論を提出したことですし、これだけバッシングを受けても動じない彼ですから、猛烈アタックを開始するかもしれませんね」(芸能事情通)

川谷の離婚成立で、新たな展開を迎えそうであるが、根本的な疑念は何一つ消えていないのが現状だという。

「結局、2人とも不倫について具体的に説明責任を果たしていない。そこが一番の問題。まだ、多くの国民は納得していない。

ベッキーはなぜ会見で不倫関係を否定したのか、川谷も具体的になぜ謝罪しなかったのか、この問題を解決しない限り、騒動の終焉はないでしょう」(芸能記者)

“卒論”提出は“終わり”ではなく“始まり”なのか!?今後の展開に大注目だ!

【引用元:リアルライブ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について