取材攻勢に薬物の誘惑…清原和博容疑者「保釈拒否」の可能性も

金スマ 清原

覚醒剤所持容疑で逮捕された元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)は23日にも勾留期限を迎え、起訴される見通しだ。

すでに認めた「使用」でも再逮捕・起訴される方向で、「所持・使用」容疑で一括起訴――との見方がもっぱら。

薬物事件で初犯の場合、容疑を認めれば起訴後に保釈されるケースがほとんどのため、清原容疑者も早ければ26日にも保釈される可能性があるが、ここにきて「清原容疑者は保釈を拒否するのではないか」(司法記者)なんて仰天情報が流れ始めた。

保釈の流れはこうだ。起訴後、裁判所に保釈請求書を提出。

裁判所が「証拠隠滅」や「逃亡」の恐れがないと判断すれば「許可」される。

清原容疑者の場合、所持・使用を認めていて、背後に大掛かりな密売組織が関わっているわけでもない。

このため、保釈請求があれば裁判所は認めるとみられている。

「清原容疑者には都内の大手弁護士事務所がバックについた。

この事務所は企業の合併・買収などが専門で刑事事件は決して強くないが、いつでも保釈請求できるよう準備を進めていると聞く。

覚醒剤事件の保釈金相場は150万~200万円だが、清原容疑者の場合は著名人なので300万~500万円ほどだろう」(司法ジャーナリスト)

問題は保釈請求に必要となる「身元引受人」だ。清原容疑者は家族・親族とも絶縁状態にある上、親しかった会社経営者の知人らは事件の“巻き添え”を避けようと雲隠れした。

そのため、一部メディアは「身元引受人がいない清原容疑者は保釈されない」と報じている。

しかし、元検事の落合洋司弁護士は「身元引受人がいないからといって保釈が全く認められないということではないし、報道を見る限り、支援者もいるようだから(保釈は)大丈夫でしょう」と言い、こう続けた。

「保釈が却下されるとすれば、刑訴法89条に基づき、裁判所が(覚醒剤を長期間使用してきた)清原容疑者の常習性を疑った場合です」

仮に保釈が認められなければ、清原容疑者は初公判まで長い拘置所暮らしだ。

そんな最悪なケースを覚悟したワケじゃないだろうが、司法記者の間では「清原容疑者も本音は保釈を望んでいないのではないか」との声がある。

「保釈されればテレビ、新聞、週刊誌のあらゆるメディア記者が昼夜を問わず清原容疑者を追い回すのは容易に想像がつく。同じ覚醒剤で捕まった酒井法子やASKAの騒ぎどころじゃ済まない。

清原容疑者と“涙の対面”をするかどうかをめぐって、元妻や息子たちも再びクローズアップされる。

清原容疑者にとって、今も息子は大事だから耐え難いでしょう。取材攻勢から逃げようとしても、裁判所に届け出た住居で生活しなければならないからムリ。

その点、拘置所なら、大騒ぎになることも、今以上に家族に迷惑をかけることもない。何よりクスリに手を出す心配がありませんからね」(民放記者)

前出の落合弁護士はこう言う。

「保釈請求をしない選択はあり得ないことではない。ある意味、(拘置所は)“守られて”いますから。(メディアなどから)面会要求があっても嫌なら断ればいい」

清原容疑者は果たして保釈を選ぶのか、家族のために“拒否”するのか。

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について