台湾空港職員暴行の在日俳優・隆大介が暴行事件で事務所解雇「深く反省」と謝罪コメント発表

隆大介

3月21日に台湾の空港で職員に暴行し、公務執行妨害で逮捕された俳優・隆大介(58)が1日、帰国。

同日をもって所属事務所からタレント契約を解除されたことが発表された。

隆は「深く反省しております。ご迷惑、ご心配をお掛けしました皆様に重ねてお詫び申し上げます」と謝罪のコメントを発表した。

5月19日に被害者との和解が成立。6月15日に公務執行妨害罪として罰金刑が確定し、7月1日に帰国した。

東映株式会社東京撮影所マネージメント部は同日、マスコミ各社にファクスで「隆と話し合いをした結果、本日の帰国をもってマネージメント契約を解除する事といたしました」と解雇を報告した。

隆は3月21日夕、台湾桃園空港(台北)の入国審査場で暴れ、空港職員が左ひざを骨折。傷害と公務執行妨害の容疑で拘束された。機内で飲酒していたという。

マーティン・スコセッシ監督の新作「Silence(原題)」の撮影で台湾を訪れていたと現地で報道された。

隆は映画「影武者」やNHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」などに出演している。

【以下、隆のコメント全文】
この度は台湾桃園空港でのわたしの軽率な行動により、被害者の方に大怪我を負わせてしまいました事を深く反省しております。

そして仕事関係の皆様、ファンの皆様、そしてスタッフに多大なるご迷惑、ご心配をお掛けしました事を心よりお詫び申し上げます。

60歳を目前にし、常に後輩のお手本となる行動を取らなければいけない立場の私がしてしまった事は、あまりにも自覚の足りない行動でした。

どのようにお詫びをしても決して許されるとは思っておりませんが、「早く仕事に復帰されることを希望します」と謝罪を受け入れてくださった被害者の方には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今後の活動に関しては白紙の状態です。慎重に検討していく所存です。

この度の事でご迷惑、ご心配をお掛けしました皆様に重ねてお詫び申し上げます。大変申し訳ありませんでした。

【引用元:デイリースポーツ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について