大塚千弘と破局したV6の坂本昌行は結婚出来ない!?その理由とは!?母親が本音を告白!!

坂本昌行

16日付「日刊スポーツ」で、V6・坂本昌行と大塚千弘の破局が報じられた。

両者の交際は2011年に複数スポーツ紙により報じられ、約3年間の交際を継続してきたが、同紙によれば今夏には関係を解消していたという。

坂本といえば、02年頃から約9年間、元モーニング娘。の中澤裕子と交際を続けていたが、またしても結婚へ結びつくことはなかったようだ。

「大塚に関しては、本人やジャニーズ事務所も関係を否定しなかったため、ジャニーズには珍しい『公認カップル』となっていました。

しかしファンの間では、坂本に結婚願望がないことは共通認識となっており、大塚に関しても“第2の中澤裕子”になるのではといわれていたものですが、まさにその通りになってしまったようです。結婚は今後もないかもしれませんね」(芸能ライター)

今回の破局原因も、坂本が結婚に踏み切れないために、次第に両者にすれ違いが生じてしまったという。

「実は坂本は今年8月、ラジオ番組『V6 Next Generation』(JFN系)で、あじさいの季節に母親と2人で“鎌倉デート”に行ったことを報告していました。

母親とのデートは『生まれて初めて』ということで、一部ファンの間で『本当は大塚も一緒だったのでは?』と言われており、年内結婚説まで浮上していたものですが……」(同)

坂本の実母といえば、都内で青果店を営む一般人ながら、ファンからも“世界一の坂本ファン”と呼ばれる有名人だ。

「お母さんも夏頃に、『昌行と初デートしちゃったの!』と、青果店のお客さんにうれしそうに話していましたよ。

大塚さんとの交際については、『聞いていない』『あまりしゃべると怒られちゃうの』と言葉少なめでしたが、あの幸せそうな様子から、どうやら鎌倉デートは本当に2人きりだったんじゃないかと思います」(近隣の主婦)

息子のプライベートに関しては“お口にチャック”の実母だったが、仕事に関する部分では業界人さながらに論評していたという。

「お母さんは坂本くんの活躍ぶりだけでなく、V6における“メンバー格差”まで気にしているんです。

『岡田(准一)くんは顔がいいからテレビ向きだけど、昌行は声がいいから、舞台向き。

今年も出演が決まってよかった』『イノッチ(井ノ原快彦)は主婦ウケ路線で羨ましい。

昌行も、もう少しテレビ露出が増えればいいんだけど』と、ほかのメンバーの動向にも目を光らせている様子でした(笑)」(同)

Kis-My-Ft2、Sexy Zoneと、若手ジャニーズグループに“メンバー格差”の話題はつきものだが、“世界一の坂本ファン”としては中堅のV6の格差も気になるのだろうか。

また、坂本母が、息子の“永すぎた春”に関して、どんな思いを抱いているのか、ファンならずとも気になってしまうところだ。

【引用元:サイゾーウーマン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について