尾野真千子がEXILEが所属の事務所LDHの44歳専務と結婚!!/交際1年で結婚 関係者に「幸せです」

女優・尾野真千子

女優・尾野真千子(33)が今月に入り、EXILEのHIROが社長を務める芸能プロダクション「LDH」の専務と結婚していたことが分かった。挙式・披露宴は未定。

お相手はEXILE、三代目J Soul Brothersらが所属するLDHの専務で、40代前半のAさん。

色黒でスポーツマンタイプのイケメンで、明るく朗らかな性格。

社長のHIROの信頼も厚い。なお、Aさんは一卵性双生児で、兄が副社長を務めている。

尾野はドラマ「夏をなくした女神」や「最高の離婚」などEXILEのメンバーと仕事をする機会が多かったため、グループの打ち上げに来たことがあり、Aさんとは去年の夏に知り合い、意気投合。

Aさんの自宅でのホームパーティでは、尾野が手料理を振る舞う姿も見られていた。
昨年末には家族にも紹介していたという。

2人の交際は今年3月末に女性週刊誌で報じられていた。

【引用元:デイリースポーツ】

女優の尾野真千子(33)が今月に結婚していたことが27日、分かった。

お相手は「EXILE」や「三代目 J Soul Brothers」が所属する事務所「LDH」に勤務する44歳の役員男性。

俳優・堺雅人(41)に似たスポーツマンタイプのイケメンだという。

挙式・披露宴の予定は未定。

2人の交際については今年3月、女性週刊誌が「結婚目前」と報道。

尾野はフジテレビのドラマ「名前をなくした女神」や「最高の離婚」などでEXILEのメンバーと共演する機会が多く、グループの打ち上げに何度か参加したことから昨夏に男性と知り合い、意気投合したという。

【引用元:スポニチ Sponichi Annex】

■尾野真千子、交際1年で結婚 関係者に「幸せです」

女優の尾野真千子(33)がこのほど、「EXILE」「三代目J Soul Brothers」らが所属する芸能事務所「LDH」の専務を務める40代前半の男性と結婚していたことが27日、分かった。

関係者によると、2人は数日前に都内の区役所に婚姻届を提出し、すでに新婚生活をスタートさせている。

確かな演技力で話題作への出演が続く尾野だが、プライベートでも幸せをつかんでいた。

関係者によると、2人は数日前に都内の区役所に婚姻届を提出したといい、すでに結婚生活をスタートさせている。

挙式、披露宴などの予定は未定で、尾野はこの件で会見や公式ホームページなどでのコメントを出す予定はないが、親しい関係者には「幸せです」と話しているという。

実力派の売れっ子女優を射止めたのは、40代前半でLDHの専務を務めるM氏。

学生時代はサッカーに没頭し、現在も色黒のスポーツマンタイプのさわやかなイケメンで、社長を務めるEXILE・HIRO(46)の右腕的な存在。

現在、副社長を務める一卵性双生児の兄と03年の創業時からLDHを支え続け、EXILE、三代目―らをバックアップして国民的アーティストにまで押し上げた。

面倒見が良く、男らしい性格で所属タレントにも慕われている兄貴分だ。

尾野は連続ドラマなどでLDH所属のタレントとの共演機会がたびたびあったことから、撮影終了後の打ち上げなどで顔を合わせたのをきっかけに意気投合。約1年間の交際を経てのゴールインとなる。

ともに裏表のない明るくほがらかな人柄でありつつ、「血の通った仕事をする」という一本気なところも共通しており、交際直後から結婚を意識していたという。

尾野は主演映画「きみはいい子」(呉美保監督)が公開中のほか、今後も映画「起終点駅 ターミナル」(篠原哲雄監督、11月7日公開)、「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」(宮藤官九郎監督、来年2月公開)、「エヴェレスト―神々の山嶺」(平山秀幸監督、来年3月公開)など待機中の作品が続く。
現在は、来月から撮影がスタートする作品の準備中という。

人生をともに生きるパートナーを手に入れたことで、より一層女優業にも力が入りそうだ。

◆尾野 真千子(おの・まちこ)
1981年11月4日、奈良県生まれ。33歳。身長163センチ。
97年、河瀬直美監督がカンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)を受賞した「萌の朱雀」でデビュー。

2007年、同映画祭で河瀬監督と再びタッグを組んだ「殯の森」がグランプリ(作品賞)を受賞した。
11年後期のNHK連続テレビ小説「カーネーション」ではヒロイン・糸子役を好演。
13年の映画「そして父になる」では日本アカデミー主演女優賞を受賞した。

【引用元:スポーツ報知】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について