尾野真千子の結婚相手の44歳LDH専務・森博貴は超ヤリ手の業界大物

森博貴 尾野真千子

女優の尾野真千子(33)が「EXILE」「三代目JSoulBrothers」など人気グループが所属する大手芸能プロダクション「LDH」専務の森博貴氏(44)と結婚していたことが明らかになった。

尾野は97年に河瀬直美監督作「萌の朱雀」で主演デビュー。

11年にはNHK連続テレビ小説「カーネーション」のヒロイン役で注目されて以降、今では日本を代表する演技派女優のひとりに数えられる。

これまでウワサになった男性といえば、お笑い芸人の「ほっしゃん。」、俳優の高橋一生らがいたが、結婚相手が芸能プロ幹部とは意外である。

尾野はドラマ「名前をなくした女神」や「最高の離婚」などでEXILEのメンバーと共演する機会があり、ドラマの打ち上げの際に森氏と知り合い交際に発展。結婚まではトントン拍子に運んだという。

「森氏は今後の芸能界を担う大物のひとり。尾野の男を見る目は確かです」とうなるのはさる芸能関係者だ。

こう続ける。
「『LDH』の社長は上戸彩の夫のHIROですが、裏で支える右腕と左腕が森兄弟です。

今回、尾野と結婚したのが弟で専務の博貴氏。副社長の兄・雅貴氏とは一卵性双生児で、2人とも高校へはサッカー推薦で進学したスポーツマン。

大学へはいかず、10代、20代前半はチーマー全盛期で渋谷でブイブイいわせていたそうです。

26歳の時に兄弟で芸能プロを設立し、その後、03年にHIROが『LDH』を立ち上げる際に合流しました。

兄は物腰が柔らかく、社長のHIROがやりたいプランを着実に具体化する実務派。一方の弟は性格が対照的で、押しの強い営業マンタイプ。

2人とも“掛け合い”のうまさには定評があり、EXILEを短期間で国民的グループに押し上げたヤリ手です。

HIROはあくまで看板社長で、タレントのマスコミ対策など雑務も森兄弟が行っています」

今や年間200万人を動員するコンサート興行を行ったり、国内外でダンススクールや飲食店を経営したりと芸能プロの枠を超えて総合エンタメ企業に成長した「LDH」。

尾野はそんなEXILE軍団の参謀役を務める森氏の妻として、軍団の“姐さん”になる道を選んだというわけだ。

鼻からうどんをすする男や売れない俳優では太刀打ちできないはずである。

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について