川﨑麻世の不倫相手が自殺未遂か!?恫喝され精神不安定になり睡眠薬を大量摂取!!

川崎麻世

いったいどこまで厚顔なのか――。

≪この度はお騒がせ致しまして誠に申し訳ございません。この度掲載された女性自身の記事について、報じられている方とは、10年振りに先月お目にかかったのみで、記事の内容は事実とは大きくかけ離れたものです。今後、名誉毀損の訴訟も視野に入れ、真摯に対応したいと考えております≫

女性自身前号で報じた17歳年下の愛人との“不倫&妊娠”記事を、川崎麻世(51)はブログで完全否定してみせた。

だが前号で直撃取材を受け狼狽を見せた麻世は、直後からA子さんに“卑劣な恫喝”を行い始めていた。

A子さんの知人の1人が、明かしてくれた。
「じつは川崎さんが女性自身の直撃取材を受けた当日、彼は烈火のごとく怒ってA子さんに電話してきたそうです。

『マスコミが行くから気をつけろ!芸能界をなめるなよ!お前の発言ひとつで(俺の将来が)変わるんだから、しゃべるなよ!本当はもう(本誌に)しゃべったんだろ!』と……」

その後も、メールや電話で麻世からの“脅し”は続いた。A子さんはすっかり脅えてしまい、恐怖で食事もろくに喉を通らなくなったという。

だが、それでも心のどこかで、彼女は麻世のことを信じていたのだろうか。そして女性自身発売日の11月4日。

朝からテレビやスポーツ紙で繰り返し流れた、自分との関係を完全否定する麻世のコメント。

それを見たA子さんは、自分の存在が完全に彼から切り捨てられたことを知った――。

「その夜、精神が不安定になった彼女は自宅で大量に睡眠薬を飲んで、倒れてしまったんです。

病院に救急搬送され、幸い命に別条はありませんでしたが、『死にたい…』と何度もつぶやいていたそうです。

いま、彼女は自分を責め、不倫を悔いて『カイヤさんに申し訳ない……』という気持ちでいっぱいなんです」(別のA子さんの知人)

2日ほどで退院したA子さんとメールをやりとりできたが、文面にはこうあった。

≪申し訳ありません。お話できることはありません。今後は弁護士さんに任せるつもりなので失礼いたします≫

≪もう生きるのがつらいのです。どうか放っておいてください≫

愛した男からどん底まで追い詰められA子さん。

麻世が誠意をもって向き合う日は――。

【引用元:女性自身】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について