所属事務所と断絶報道も! ベッキーに“沖縄滞在説”が浮上中/テレビ東京が救いの手!? 復帰第1弾に『路線バスの旅』浮上

ベッキー

人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫を報じられ、あっという間に表舞台から姿を消したベッキー。

CM降板に伴い、違約金は推定5億円という報道もあり、所属事務所の「サンミュージック」の経営は逼迫している。

そんな中、「女性自身」(光文社)はベッキーが事務所と“断絶状態”と報じた。

同誌によると、事務所社長の相澤正久氏すら現在のベッキーの居場所を把握しておらず、2月中旬には事務所関係者がベッキーの実家を訪れるも、応答はなし……。
関係者は不本意な表情を浮かべ、去っていったという。

同誌の取材に、サンミュージックは「本人と連絡が取れないということはございません。

違約金に関しましては、何もお答えできません」と否定しているが、関係者によれば「ベッキーと連絡が取りづらいことは事実のようです。

彼女の元には芸能界の仲間から励ましの電話が殺到しているそうですが、みんな『出てくれない』と嘆いていました。

LINEのアカウントも騒動後に変更したことで、“関係”が切れてしまった人もいるようです」と話す。

ベッキーは今、どこに――。そんな中、浮上しているのが“沖縄滞在説”だ。

スポーツ紙記者が明かす。
「プロ野球のキャンプでにぎわう沖縄で、彼女の目撃談があったそうなんです。キャンプ中、記者は繁華街に飲みに出かけることが多く、ある飲食店の従業員が『こないだ国際通りでベッキーを見た。

サングラスに帽子をかぶっていた』と話していたそうです。この目撃談は野球担当記者の間でたちまち話題となり、キャンプ取材と並行してベッキー捜索の特命を受けた記者もいます」

身を隠す場合、どこからかフライト情報が漏れる海外よりも、アシのつかない国内のほうが安全なことは広く知られた話。

「マスコミに張られている可能性が高いので、実家にはしばらく戻らないだろう」とは週刊誌記者だ。

温暖な沖縄で、キレイな海を眺めながら心の傷を癒やしているのだろうか――。

■“廃業状態”ベッキーにテレビ東京が救いの手!?復帰第1弾に『路線バスの旅』浮上

不倫議員や狩野英孝、桂文枝の色恋スキャンダルで収束の気配を見せてきたベッキーの“ゲス不倫”問題。

「まだ、違約金を誰が払うとか、ベッキーは今、何をしているのかなどの問題はありますが、4月の改編期まではこのままいきそうですね。

今のところレギュラーはすべて終了もしくは、開店休業状態ですから、ようやく本格的な“謹慎期間”に突入ということでしょう」(テレビ局関係者)

気になるのは、やはりベッキーの“今後”だが――。

「実は、意外な局がすでに手を挙げているようです。確かに、頻繁に出演している印象はないかもしれませんが、ベッキーにとっては“育ての局”ですし、他局とも一線を画している局ですからね。時期はまだ未定ですが、内々で話は進行しているようですよ」(芸能事務所関係者)

その局というのが、ベッキーが2000年に“おはガール”を務めたテレビ東京だという。

「実は、ベッキーのCDデビューもテレビ東京の『ポケモン』の主題歌ですし、初のドラマ出演もテレビ東京、テレビアニメの声優初仕事もテレビ東京と、けっこう初物尽くしなんです。その意味では、復帰もテレビ東京でというのは、案外、自然な流れかもしれませんね」(テレビ東京関係者)

そこで候補に挙がっている番組というのが、太川陽介と蛭子能収に女性ゲストひとりを加えた人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』だという。

「そこで蛭子さんに突っ込んでもらって笑いにしてもらえば、他局でも起用されやすいんじゃないでしょうか。番組のマドンナとして過酷なロケでもすれば禊にもなりますしね」(番組スタッフ)

果たして路線バスで旅するベッキーの姿を見ることができるのか――。

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について