指原莉乃、神対応に業界内で絶賛の嵐…下っ端スタッフには敬語で丁寧、偉い人にはタメ口…前田敦子や大島優子に比べて「神」のような存在?

指原莉乃

6月18日、人気アイドルグループ・AKB48としては45枚目となるシングル曲(8月発売予定)の選抜メンバーなどを選出する「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」の開票結果発表がHARD OFF ECOスタジアム新潟で行われた。

昨年は前年の1位から3位へ順位を落とした渡辺麻友の1位奪還はならず、昨年渡辺に替わって1位に輝いた指原莉乃が連覇を果たすなどして、会場は大きな盛り上がりをみせた。

その指原についてインターネット上では、称賛よりも圧倒的に悪口に関する情報が多いが、意外にも芸能界関係者からは悪評の類は聞こえてこず、逆に賞賛する声ばかりを耳にする。

「指原のなかに『自分は一度、スキャンダルで死んだんだ』という思いが根底にあるようです。

前田敦子や大島優子が、かつてAKBのエースとして活躍していた頃の天狗ぶりを知っているマスコミ関係者にとって、指原は神に近い存在ですよ。

AKBファンは指原を“さしこ”と呼びますが、多くの業界関係者は多くが親しみと畏敬の念を込めて“サッシー”と呼んでいるんです」(芸能界関係者)

では、いったい指原の何が業界関係者のハートを鷲掴みにするのだろうか。

「気配りですよ。お金では絶対に買えない、ある種、才能のようなものです。とにかくハンパない神対応をするんです」(放送作家)

実際に指原を番組に起用する某キー局プロデューサーは、指原を“女版・秋元康”とこうベタ褒めする。

「ADや自分よりも明らかに格下の人間には、敬語を使うんです。演出などで頼まれたことに対してはどんな無茶ぶりであろうが、基本的にNOと言いません。

しかも、自分から挨拶に行き、携帯電話などの写メを撮っては保存するのです。

名前も一発で覚えるし、違う現場で会っても自分から走り寄ってきて声を掛けるんです。当然、指原と仕事をした人間は必ずファンになりますよ」

●テレビ局幹部からも相談事

そんな指原だが、現場スタッフだけでなく、テレビ局や芸能事務所の幹部たちからもすこぶる評判がいい。

「相手が自分よりも格上だとわかると急にタメ口になり、ぞんざいな態度を取りお世辞を絶対に言わないのです。

それまでADと接していた時は女神のようだったサッシーとは、まるで別人に変身するんです。

その変わりように周囲は絶対にドン引きします。でも、これこそがサッシーの神対応なんです。偉い人は普段から人にちやほやされて誰も本音を言ってくれない。

オベンチャラばっかりです。しかし、サッシーは話す相手が偉ければ偉いほど本音トークを連発する。プロデューサーやチーフプロデューサーに対しても同じです。

もちろんなかには失礼だと怒りだす幹部もいますが、よくよく聞いているとサッシーの言っていることが正しかったり、筋が通っていることに気づくのです。

結果、“本音で付き合ってくれるタレント”という評価につながるのです。しかも、サッシーは言いたいだけ言った後は必ず相手の話にもトコトン付き合ってくれる。

サッシーに密かに悩みを打ち明けているテレビ局幹部は、かなりいますよ。

熱愛スキャンダル報道直後は引退を考えるほど落ち込んだそうですが、そこでメンタル面や心理学に関する本を山のように読んでいたそうです。それが今のサッシーの原点なんです」(テレビ局関係者)

さらに、こんな話も聞こえてくる。

「サッシーは、あのスキャンダル前は自分で自分のことが嫌いになるほど性格ブスだと自覚していて、ファンとの握手会が本当に嫌だったそうです。

しかし、あのスキャンダル以降にAKBの活動は天職に思えるようになったそうです」(前出と別の業界関係者)

指原の活躍はしばらく続きそうだ。

【引用元:ビジネスジャーナル】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について