新山千春、涙ながらに離婚の真相を激白するも新セレブ妻タレント・大沢ケイミに一蹴

新山千春

27日放送の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)に、先日離婚を発表したタレントの新山千春(33)が出演し、元夫・黒田哲史(40)との離婚の真相を初めて語った。

新山が出演するということで放送前から注目の集まった同番組。

しかし、視聴者の期待に反して冒頭から番組を盛り上げたのは玉の輿・新セレブ妻として近ごろバラエティに頻出している大沢ケイミ(21)だった。

大沢はスタジオのほか、番組が特集した「結婚とお金」をテーマにした座談会にも登場。

そのVTRには、夫が建設会社社長だという大沢に加え、レジャー産業グループ会社社長の夫をもつ元祖セレブ妻の神田うの(39)、元NHKアナウンサーの古瀬絵里(36)、女優の長久保田磨希(41)などセレブ妻として知られる面々が集まった。

そんなメンバーの中で大沢は、生まれ育った中国では電気も通っていない石壁の家に住み、子どものころの憧れは「マクドナルドを食べること」だったと話し始めた。

しかし現在の夫と結婚してからは、ひとり30万円もする鉄板焼きのコースを食べに行き、80万円するワンピースを値段も見ずに購入するといった生活ぶりを明かした大沢。

その後、セレブ妻たちはテレビなどに露出することによって、世間からのバッシングや嫌がらせを受けた経験や、働きながら子供を育てる苦労話などで盛り上がりを見せるが、大沢は「子供を育てるためにも経済力は重要。
やはり結婚に大切なのはお金」といった発言を繰り返す。

さらに大沢は母からセレブ妻になるために特訓を受けたエピソードを語り、夫の前では化粧をして常に美しい姿でいることや新しい食事メニューを覚える努力をし、夫が興味を持ってくれそうなことを勉強するなど、今でも母の教えを実行していると告白。

こうした努力には、参加者たちも「素晴らしい!」と感心する声を上げていた。

しかし神田は、夫の経済力に頼る大沢に不快感を示し、子供には「男を頼るのではなく自分の力で生きていけるよう経済力を身につける方法を教えた方がいい」と独自の意見を伝えていた。

スタジオにも登場していた大沢と神田は、その後もバトルを展開。

「男は経済力と権力」と言い張る大沢に対して、神田は「お金でつながっているのがかわいそう。

旦那に依存することは努力じゃない」と諭すように言葉を並べる。

ナインティナインの岡村隆史(44)も、大沢に向かって“他の女性も夫に近づく可能性が高い”と指摘し、北斗晶(47)は「バカだな」と呆れたように口を尖らせる。

しかし、それだけの集中砲火を浴びながらも大沢は「価値観が違うね」と終始余裕の笑みを浮かべていた。

そして、幸せな結婚に必要なのはお金なのか愛なのかというテーマに話が及ぶと、新山が離婚の真相について告白。

娘を出産した年に夫が戦力外通告を受け、本当に不安で生活のために仕事復帰をした経緯を話し始めた。

新山は、同じ家に住んでいるのに夫との会話はほとんどなく、娘も夫婦の溝を感じて気を使うようになってしまったことなどを明かし、「凄くつらかった…」と当時を振り返った。

その後新山は、「家族のために(自分も)仕事をしてきたが、夫は自分が稼いできたお金で生活してほしかったのかもしれない…。

ちゃんとぶつかり合えなかったという後悔もあります」と涙を見せ、実母からの手紙が読まれると「私の心情を全部分かってくれていて、改めて母親って凄いなと感じました。

私も娘から尊敬される母親にならなければ」と声を詰まらせながら話した。新山の切実な言葉にスタジオも感動の空気に包まれたのだった。

そんな新山の姿を見て大沢も涙をにじませていたが、「大沢もええ子やったんやな…。

ちゃんと涙も出んのや」と矢部浩之(43)から話を振られると「私はそうなりたくない」と一蹴。

元も子もない大沢の発言だが、番組はそのまま終了を迎えることになってしまった。

今回の番組では新山の告白がメインではあったが、神田との対決などで大沢は大いに存在感を示した。

世間の反感を買いかねない発言を繰り返す大沢だが、番組を盛り上げる嫌われキャラとしては十二分に役目を果たしたといえるのかもしれない。

【引用元:メンズサイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について