日テレ24時間テレビ、ジャニーズが13年連続メインの異常事態の「謎」

Hey! Say! JUMPとジャニーズWEST

今年も、『サライ』で加山雄三の歌声を聞く季節がやってきた。

毎年恒例のテレビ番組『24時間テレビ愛は地球を救う』(日本テレビ系)が8月22日~23日にかけて放送された。

38回目を迎える今年は、初めてV6とHey! Say! JUMPがメインパーソナリティを務めた。

SMAPが番組パーソナリティを務めた1995年は、10年ぶりに募金額が10億円を超え、当時の歴代2位を記録。

以降、『24時間テレビ』へのジャニーズ事務所所属タレントの進出が目立つようになった。

テレビ局関係者が話す。
「ジャニタレがパーソナリティになると、募金額が上がる傾向があります。ファンはジャニタレのためにお金を使うことを惜しみません。

募金額の10億円超えは過去9回ありますが、うち7回はジャニタレがパーソナリティとして関わっています」

2005年、SMAPの香取慎吾と草彅剛がパーソナリティになると、95年以来10年ぶりに募金額が10億円を超えた。

その要因としては、香取プロデュースの5色の「チャリTシャツ」が35万枚を超える販売を記録したり、SMAPコンサート会場に募金箱を設置したりしたことなどが挙げられる。

実は、03年から13年連続でジャニタレがメインを張っている。

AKB48やEXILEでさえ手をつけられない、異常なまでの“聖域”なのだ。

「募金額の多さは、ジャニタレだけのおかげではない。95年は阪神大震災があったし、11年の19億円を超える募金は東日本大震災があったから。

07年の10億超えは第1回のパーソナリティである萩本欽一がチャリティーマラソンを走った影響も大きいでしょう。

ただ、そこにジャニタレが絡んでいると、どうしてもその存在はクローズアップせざるを得なくなる。

ちなみに、ジャニタレがメインを張らなかった99年、01年、02年は10億円に届いていません」(同)

99年、ジャニタレがパーソナリティにならなかったのは、メインにSPEEDが抜擢されたからだと当時はいわれていた。

「SPEEDの所属事務所には、ジャニーズのライバルであるDA PUMPがいました。

当時、DA PUMPとジャニタレは共演NGだったため、ジャニーズ事務所側はSPEEDにも共演NGを出すという“事件”があったといわれています」(別のテレビ局関係者)

昨年は、4年ぶりに募金額が10億円に届かなかったものの、平均視聴率は17.3%を記録した。

「これからもジャニーズ勢がメインを務めるでしょう。募金も集まり、視聴率も良いとなれば、変える理由も見当たらない。

偽善といわれようが、募金を世の中のために役立てていることは立派だと思います。

ただ、ジャニーズを外したからといって、募金額が大幅に下落するかといえば、そんなこともないでしょう。欽ちゃんが司会をしていた頃も、10億円を2回突破しています。

当時の『24時間テレビ』のキャッチフレーズは『本当の主役はあなたです』で、それが実践されて“視聴者メインの24時間テレビ”だったと思います。

今はパーソナリティのメンバー同士がお互いに手紙を読み合い、ファンの感動を誘う場面もありますが、若干本来の番組趣旨とは離れている気もしてしまいます」(同)

05年以降、『24時間テレビ』は完全に“ジャニーズの風物詩”となってしまったようだ。

【引用元:ビジネスジャーナル】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について