暴動、救急車、食糧不足……長渕剛10万人ライブは“この世の地獄”だった! 死人が出なかったことが奇跡!?

長渕剛

「長渕剛10万人オールナイト・ライヴ2015in富士山麓」が、8月22日21時から23日早朝6時まで静岡県富士宮市のキャンプ場ふもとっぱらで開催された。

伝説といわれる“桜島ライブ”から、11年越しのオールナイトライブとあって、その名の通り全国から大勢のファンが集まり、大盛り上がりで幕を閉じた。

しかし、問題があったのは終演後。ライブ特有の想定外の出来事にスタッフ側が対応できず、帰宅難民が続出してしまったのだ。

「運営は退場混雑を予想して、リストバンドを使った退場規制を行いました。

リストバンドに書かれた文字がア行の人から退場開始、そのままカ行、サ行と続き、予定通りいっても、最後に退場する客は13時と、そもそもが6時間以上待たされるというものでした。

その上、野外フェスというのはなかなか想定通りにいかないものなので、結局、最後に帰れた客はライブが終わった6時半から12時間以上経過した19時過ぎ。

現場にいたファンからは『マジで運営ふざけんな!』『猛暑日だったら間違いなく死んでたぞ』『雨降ってたら終わってた』と怒りの声が上がっています」(音楽ライター)

少しずつ涼しくなってきたとはいえ、まだまだ暑い8月。
オールナイトでライブを見た後に、何時間も外に放置されたら、確かに死人が出ていてもおかしくはなかった。
天候面で恵まれていたのは、不幸中の幸いだったのかもしれない。

「車やタクシーでの来場を禁止して自力の帰宅を不可能にしてしまったことと、規制退場の内容をライブ後に伝えたことがまずかったですね。

オールナイトの終演後に、6時間待ってくれって言われたら、たまらないですよ。

怒ったファンが、警察やスタッフに怒鳴り散らしてる場面もたびたび目にしました。

しかも、歩いて帰ろうとしても警備員に呼び止められるし、うまく抜け出したとしても最寄駅まで山道を5時間以上歩くことに。もう八方塞りですよ。

おまけに、唯一の頼みの綱であるフードコートも材料がなくなって途中で閉店。その店員たちはいつの間にか帰っていて、もう最悪でしたよ。

それでも会場のゴミ拾いをするファンも見かけられ、“長渕の偉大さ”を垣間見られたことが唯一よかったことですね」(同ライター)

そもそも今回のライブは、直前の無料エリアの設置や、1万5,000円のチケットがヤフオクで981円で落札されていたことから、10万人も集客があったとは考えにくい。

正式な発表がないのであくまで予想の範疇は超えないが、実際の入場者は5万人に満たなかったともいわれている。

もし、これが本当に10万人も集めてしまっていたら、おそらく帰りは翌日の朝になってしまっていただろう。

夏に行われる野外のイベントにアクシデントは付き物だが、運営には最大限の配慮をもって臨んでほしいものだ。

【引用元:おたぽる】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について